小3グランプリ算数単元別第6回

「図形をつくる」です。

この単元は、問題を用意するのは簡単で、なおかつ学習効果が高いので、コストパフォーマンスに優れています。

図形を描くことが図形のセンスをつくるのに必要だということに、異を唱える人はいないでしょう。

3年生は先取りではなく、こういう図形の問題をやると良いと思います。

 

ザッと問題の概要を書きます。

1番

これはあっという間にできるかもしれません。

テトリス系の問題です。

タイサンはゲーム否定派ですが、テトリスならやっても良いような気がします。

 

2番

三角形をならべる場合は答えは少なくなります。

同じものをかかないようにしましょう。

 

3番

2番よりも1つ増えただけです。

難易度は上がる気がしますが、答えはそれほど多くはなりません。

 

4番

こういうものを楽しんで欲しいです。

 

5番

これも楽しんで欲しいです。

消しゴムをかなり使うかもしれません。

 

6番

1番とくらべて正方形は1つ増えただけですが、正方形は1つ増えると、難易度が一気に上がります。

根気よくがんばって欲しいです。

 

チャレンジ問題

7番

上手く解説することもできる問題ですが、試行錯誤して自力で答えを出しましょう。

そうやって底力がついていきます。

 

8番

今回は図形ばかりだったので、最後は数系にしました。

初めにつくった2けたの数の大きさはどれくらいかをイメージできると良いと思います。

 

興味がありましたら、こちらにどうぞ

小3グランプリ算数はこちら

サンプル版も用意していますのでとして、お気軽に閲覧願います。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください