私は塾講師時代、小学3年生の応用コースを約10年間続けて担当し、筑駒・開成・麻布・桜蔭に進学した生徒さんの小学3年生時を見てきました。

効果的な学習とはどんなものだろうと試行錯誤して辿り着いたのが、書き出しの練習です。

書き出す練習は、問題の捻り方で、書き出す過程の楽しさや、全部書き出したときの達成感が変わります。

生徒さんができたときに、嬉しそうな表情をするかどうかを基準に、問題を並べました。

私の塾講師の集大成と呼べる自信作です。

書き出しは能力を高める1つの手段です。

小3鍛える算数書き出しの特徴

書き出す練習がメインの教材です。
毎回8問で全24回です。
お子様が問題の意味が分からないときは、解き方ではなく問題の意味を教えてください。
書き出しの問題の場合は、1つくらい見本例とするのは良いです。
できなくても教える必要はございませんし、繰り返す必要もございませんが、数か月後に解き直すと効果はあります。
教わるよりも自力で解くことを重視してください。
公文のように間違えたら何回も再チャレンジする方式で取り組めます。
1回で20~60分くらいかかり、20分で完成させられる子はトップレベルと判断できます。

関連ブログはこちら

お問い合わせ・サンプル・購入

カリキュラム

回数単元名学習日
第1回道順5.7
第2回数列①5.14
第3回図形を数える①5.21
第4回図形と規則性①6.4
第5回数をあてはめる①6.11
第6回図形をつくる6.18
第7回ならべる①7.2
第8回場合の数①7.9
第9回方陣算7.16
第10回魔方陣9.3
第11回虫食い算9.10
第12回N進法9.17
第13回道順②10.1
第14回図形を数える②10.8
第15回図形を数える③10.15
第16回数列②11.5
第17回図形と規則性②11.12
第18回推理①11.19
第19回ならべる②12.3
第20回ならべる③12.10
第21回場合の数②12.17
第22回推理②1.7
第23回数をあてはめる②1.14
第24回立方体1.21
学習日はモデルケースです