2022年度より、小3用教材は、

  1. 書き出しに特化した単元別の「小3鍛える算数書き出し」
  2. チャレンジ問題Onlyの論理力が問われる「小3グランプリ算数思考力」
  3. やや捻りがあって文章をしっかり読まなければならない「小3鍛える算数文章題」
  4. 大手塾で小4で学習するような内容を、イメージできるように地道な作業で取り組むことを狙いとした小3対話式算数J

の4本柱としました。

 

小3鍛える算数書き出しでも、ラスト2問はチャレンジ問題と称して思考力問題を掲載していますが、それとほぼ同等の問題です。

こちらは、全5問が思考力問題です。

1回で取り組んでも良いですし、分散しても良いです。

ヒントは言っても良いですが、理解が必要な問題ではありません。

分からない問題は、先送りで良いです(もしくはやらない)。

5問で30~60分を目安にしてください。

 

小3グランプリ算数思考力は、このブログでレベルや概要を載せますので、それを参考に取捨選択しても良いです。

 

1 図形の単純な問題(やさしめ)

長さをいくつか書いていきましょう。

 

2 問題の意味を理解して地道に試行する問題(難しくない作業)

方針がたたない場合は少しヒントを与えて取り組んで欲しい問題です。

 

3 図形のセンスが問われる問題(標準)

考えることを楽しめる子は、楽しく取り組めるでしょう。

できるまでチャレンジして欲しい問題です。

 

4 書き出しの問題(やさしめ)

できるまでチャレンジして欲しい問題です。

 

5 よく考えることで規則性を発見できる問題(やや難しい)

意味を伝えても理解しにくい場合は、飛ばしで良いです。

 

思考力は回が進むごとにレベルが上がりますので、第1弾の今回は全体的にやさしめでした。

興味がありましたら、こちらにどうぞ

小3グランプリ算数思考力はこちら