対話式算数第39話

第39話 数表

  • 答えの段数は、わり算の商にはならないことをていねいに説明しました。
    文字色も工夫してみました。
  • 日光のいろは坂の話を雑談で入れました。
    そういうイメージで問題に取りかかった方が、あまりの処理のときに良いかと思いまして。
  • ピラミッド型は、平方数や三角数に注目します。
    初めはイメージしやすいように、ほとんど省略せずに書き出しましたが、
    実際に解くときは、平方数や三角数を書いていけばいいと思います。
  • 数表の問題は4年生にはオーバースペックかもしれません。
    先送り可です。
    だいたいの位置をイメージして、平方数や三角数をもとに書き出していくようにしましょう。
    根気よく、粘り強くがテーマの内容です。
  • 枠の中の数の和はテクニックを身につける問題です。

 

練習問題

番号 講評
1 わり算のあまりの意味を考えましょう。
2 1番の応用です。うしろの方は地道に書き出してもいいと思います。
3 最終段は右から書かれます。
4 3番の応用です。各段に4個の数字があることから考えましょう。
5 3番の応用ですが、かなりレベルが高いです。段数を4で割ったときのあまりから、どの列から数字が書かれているかを考えましょう。
6 右に平方数がならんでいるので、それをもとに求めます。
7 右に三角数がならんでいるので、それをもとに求めます。6番もそうですが、全部を書いていくのは無しにして、書くとしたら、右端だけ書くようにしましょう。
8 左に平方数がならんでいるので、それをもとに求めます。どの当たりの位置に書かれているのかを考えるようにしましょう。
9 上に三角数がならんでいるので、それをもとに求めます。どの当たりの位置に書かれているのかを考えるようにしましょう。斜めに書かれているので、ある程度書いていく心積もりは必要ですが、最初から書き出す気満々の姿勢はよくないと思います。
10 1番小さいアを基準の□とします。
11 1番小さい数が7の倍数なら、枠の数の和も7の倍数になります。

※「難」は難度は以下の基準です。
A:確実に解けるようにしたい問題
B:サピックス偏差値50以上を目指す人向けの問題
C:サピックス偏差値60以上を目指す人向けの問題
D:特に難しい問題

※「要」は重要度で以下の基準です(B・C・Dのみ表記)。
ジ:基本骨格となる重要な問題
テ:よく出る典型題
ヒ:捻りのある問題
サ:地道な作業が必要な問題

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください