MONTH

2018年2月

  • 2018年2月24日

4・5年生は思考力問題を解こう

新学年が始まり数週間がたっています。 まだまだ新しい学年に慣れない時期だと思います。 まず復習をしっかりやって、確認テストでしっかり点数を取ってというのが一般的な姿勢です。 それについて文句を言うつもりは毛頭ありませんが、復習の質が良くない場合、確認テストで点数が取れても、血となり肉となりません。   林修先生が言いそうなことですが、以下のような順序になります。 「復習して力を付ける」「 […]

  • 2018年2月22日

塾のクラスで気をつけること

中学入試で、合格判定の低かった学校に受かると、入ってから後が心配になります。 あるいは補欠繰り上がり合格でも心配になるかもしれません。 深海魚になってしまうという恐れがあります。   試しにインターエデュで、「深海魚」と検索をかけてみると、2月分だけで101個も引っかかります。 心配の書き込み、嫌味な書き込みで溢れかえっています。   実際にはどうなのかというと、基本的に深海魚 […]

  • 2018年2月20日

市川2018年解きました

市川中の問題を解きました。 市川中はオーソドックスな入試という印象がありました。 ときどき数系の問題が難しかったり、平面図形や立体図形が難しくなることがありますが、良問が多いです。 しかし、ここ数年間は新傾向のような初めて見る問題の比重が高まっていました。 今年は、いままでの市川中に戻ったような入試で、スイスイ解けるものが多かったです。 受験者平均点は60点くらいでしたので、合格者平均点は75点く […]

  • 2018年2月17日

集団塾の欠点~カリキュラム編

中学入試がゴールであることは共通なのに、塾によってカリキュラムが異なるのが不思議です。 ベストは何かあるのかもしれませんが、ないのかもしれません。 私は、対話式算数のカリキュラムがベストだと信じていますが、正解はいくつもあるのかもしれません。   例えば、サッカーでも4-4-2だったり、3-5-2だったりしますが、もちろん選手のパフォーマンスによるところもありますが、結構監督の好みで決め […]

  • 2018年2月14日

国語の読解力と算数の読解力の違い

算数がなかなか伸びない生徒さんに、「国語の読解力が弱いからです」という講師がいます。 結構、いたるところで聞きます。 私は、その言葉を完全に否定しています。 ブログでも何回も書いていますので、いつも通りの意見です。 穿った見方をすると、国語の読解が原因とする算数講師は「算数が伸びないのは俺の責任じゃないよ」といっているようなものです。 国語を軽視する生徒さんを脅かす意味合いで使っている国語講師もい […]