第11回目です。

次回が最終回です。

今回は、最高水準問題です。

難度がではなく、面白さ、解いたときの充実感がです。

 

問題の概要

 

1番(難しい)

②や④のように逆から考えていくと、結構大変です。

ルールが分かったら、粘り強く取り組めるかどうかです。

 

2番(やさしい)

プラスをマイナスに変えたいなあと願望することが大切です。

算数と願望は切っても切れない関係だと思います。

 

3番(やさしい)

小3算数で重視している書き出しです。

②は良問だと思います。

 

4番(難しい)

これまた書き出しですが、骨太です。

オリジナル問題です。

傑作問題と言って良いほど、解くときに充実し、できると達成感のある書き出しの問題です。

 

5番(難しい)

根気が必要な問題です。

意味がよく分からない場合がありますが、一言のヒントで理解できると思います。

ヒントの有無関係なく、最後まで見つけられたら、素晴らしいの一語に尽きます。

9種類もあるので粘りが必要です。

先取り学習をしたり、公文の計算で、どんどん進めるより、こういう問題をやった方が良いと個人的には思います。

 

興味がありましたら、こちらにどうぞ

小3グランプリ算数はこちら