対話式算数第27話:平均算1

特殊算の第3週目は、「平均算」です。

面積図で解く問題かそうでない問題かを見抜くことがポイントです。

表でまとめて解く→解けないときは面積図

という流れで良いと思います。

「人数が多ければ面積図」という感覚で解く人もいますが、今回は出てきませんが、人数が5人程度でも面積図を使う場合があります。

面積図はつるかめ算と少々違いますので、それぞれ身につける必要があります。

興味のある方はこちらにどうぞ

対話式算数とは

小4対話式算数

 

第27話:平均算①の概要

 

27・1

平均の導入は睡眠時間です。

平均の問題は、平均点が多いので、導入は点数以外で身近なものということで睡眠を選びました。

お風呂に入って寝るということから、今回の画像があります。

合計を変えないように平らに均すというイメージをしっかり身につけましょう。

 

27・2

平均算の問題は、平均から和を求めることが多いです。

整えて書く習慣がつくように、説明しています。

例題3で、和差算とのミックス問題の登場です。

このように、和差算はいろいろなところで出てきます。

 

27・3

表を書くときは右に合計を書くことを、対話式でしっかり説明できていると思います。

 

27・4

算数の解き方のテクニックです。

比較的身につきやすい内容ですので、しっかりマスターしましょう。

 

27・5

面積図は、赤、青、緑、黒の字で色分けしているので、意味を理解しながら面積図がかけると思います。

タイサンでは、極力、機械的に解かないように工夫しています。

斜線部分の面積が等しくなることも丁寧に説明しています。

面積図の形のコツも説明しています。

 

練習問題

問題番号 講評
1 4教科の合計点数を求めましょう。
2 (2)は5回の合計点数を求めましょう。
3 時間の計算は大丈夫でしょうか?
4 5回の合計点数と6回の合計点数を比べます。
5 合計点数を間違えないように求めましょう。
6 身長の合計を間違えないように求めましょう。
7 和と差が分かるので、和差算です。
8 表でまとめましょう。
9 表でまとめましょう。
10 表でまとめましょう。
11 表にまとめ、たてに見ると、どれも○が同じ個数だけあるのでたします。
12 面積図です。たては平均点、横は回数です。
13 面積図です。たては平均点、横は人数です。
14 面積図です。たては体重、横は人数です。
15 テスト回数が整数にならないので、あせると思いますが、どう対処すればいいのかを理解しましょう。

※難度の★がついているものは、難しめなので、先送りでもいいです

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください