塾に任せても効果は上がらない

私立中学も、進学塾も面倒見の良いところが人気があります。

面倒見と言っても抽象的な言葉なので、何がどういう特徴なのかは何とも言えませんが、

イメージ的には「お任せできる!」ということだと思います。

 

面倒見が良いと定評のある塾でも良くないといわれている塾でも、

その塾の想定した、理解力、努力、定着力がないと順調にはいきません。

面倒見が良いというのは、管理され、プレッシャーをかけられたらしっかりやるお子様向きで、

面倒見が良くないというのは、その逆で、自由でもしっかりやるお子様向きというわけです。

 

つまり、面倒見の良し悪しによって、お任せできるか否かということではありません。

通塾して力を付けていくためには、授業中の理解力が抜群なお子様を除いては、家での勉強も欠かせません。

科目の時間配分、量、頻度、優先順位、取捨選択

そういったものをご家庭で決める必要があります。

 

「難関中に行くならサピックス」、「中堅中学で良いなら日能研」、「負荷をかけたくなければ市進」

などと言われていますが、私が保護者ならば、あまりそういうことは考えません。

どこの塾に通ったとしても私が主導権を握るからです。

軌道修正が必要ならば、環境変更もありですが、どこの中学を目指すから、どこの塾じゃないといけないとは考えません。

 

塾は私立中学の切符をくれるところではなく、どのように小学生の高学年を過ごすかの環境を提供してくれるところです。

どういう環境で過ごさせたいかが、判断基準になります。

扱う問題がぬるく、進学実績が低い塾ならば、家での勉強を思考系に振れば良いとなります。

 

そのような視点で考えると、

私立中学や私立高校も、大学の切符をくれるところではなく、

名門大学も入社切符をくれるところではなく、

すべて環境を提供してくれるところと考えることができます。

その中で工夫して過ごしていけば、なんでもと言ったら大袈裟ですが、いろいろ可能性が広がると思います。

 

受験の結果に目が向きすぎると、環境よりも切符というイメージが強くなりそうですが、明らかにそれは間違ったとらえ方です。

 

話を少し戻します。

ややシビアな話になりますが、志望校対策講座というものが各塾で存在すると思います。

 

よく言われますのが、

志望校対策講座の受講資格を得られないと、「受験の土俵にも昇らせてもらえなかった」

志望校対策講座の受講資格を得られると、「あとは、我が子の頑張り次第」

それを聴くたびに、まったく違うのにと思ってしまいます。

 

塾でどういう勉強をしていて、家ではどういう勉強をすればいいかととらえれば、

志望校対策講座を受講していなくても、合格の可能性は全く変わりません。

不足している学習内容はいくらでも補えます。

 

でも、はっきり書いてしまうと、志望校対策講座に選抜されないということは、

その学校に受かる基礎力がその時点でないわけなので合格は難しいはずです。

しかし合格に向けた勉強プランを立てることは可能です。

 

どのような状況のお子様でも、塾に完全に任せて、家では工夫せずに淡々と勉強!

ということはありません。

課題、復習、自発的な勉強、どれであっても、工夫して取り組んでいかないと効果が上がりません。

 

調子よくスイスイと書いてきましたが、実際に保護者様が主導権を握って、学習計画を考えるのは難しいと思います。

そこで、ひとつポイントを書きます。

 

どこの塾でも欠点はあります。

それをできるだけ具体的に箇条書きで書いていきます。

書ききれないくらいあったら、転塾するべきなのはいうまでもありません。

 

その欠点をどうやったら解消できるのかを考えて取り組んでいくと、塾の不足している部分を補えて、バランスの良い力になります。

 

欠点の例としては

  1. 塾で計算問題をしない
  2. 塾で説明を省く問題がある
  3. 宿題点検は検印を押すだけ
  4. 競争を煽りすぎる
  5. あまり電話してくれない

いくらでも出てきそうですが、5個で止めておきました。

 

1は家でやれば解決です。

家でお子様のレベルに合わせて問題を選べば、むしろ効果が大きいです。

 

2は簡単で典型題だから省いているのだと思います。

省いている問題を徹底的に反復して身につけるようにすれば、基礎力が固まります。

 

3は家で保護者様がチェックしましょう。

塾講師のチェックよりもずっと精度が高いと思います。

 

4は典型題とか暗記は競争に負けないように取り組ませましょう。

その他はオプションとして気楽に受け止めましょう。

とらえ方にメリハリをつけることで、効果が大きくなります。

 

5は、好みの講師を保護者様の方で決め、相談しましょう。

相性の良くない講師から連絡がくるよりも良いような気がします。

 

欠点を逆手にとって、そこを良い環境に変えることで、学習効果を上げることができます。

そうすると、どこの塾に行っても、志望校対策講座を取れなくてもあまり関係がないという境地にたてるかもしれません。

 

塾は高額でプロフェッショナルのイメージがあり、すべてお任せのようなイメージかもしれませんが、

実際は保護者様が正しい情報を取り入れ、作戦を立てる必要があります。

 

営業色の強い塾に通っていて、御自身の判断に自信がない方や、

成績が低迷して塾に相談しても上昇が見込めないと思われる方は、

お気軽に算数教材塾・探求の有料相談をご利用してください。

良い作戦を考え、ご提案いたします。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ