小5対話式算数

カリキュラムやお知らせはこちら  

中学受験の小学5年生の算数は割合と比がすべてと言ってもいいくらい重視されています。

場合の数などの数系も重要ではありますが、5年生の間に割合と比をしっかり身につけたいです。

割合と比をマスターするためには、下の方法が考えられます。

  1. たくさん問題を解く
  2. 質問する
  3. たくさん説明を聴く
  4. 上手く説明してもらう
  5. 特に何もしない
  6. 子供自身が説明する
  7. 良い解き方を身につける

1はもちろん大切ですが、基礎が身についてこそ生きます。

2は質問を答える教え手の情熱次第だと思います。

淡々と教えるだけでは効果が薄いと思います。

3は動画授業などを反復して見ることが当たります。

動画授業を見て応用に繋がる基盤ができる子はとても優秀だと思います。

それができていたら、大手を振ってたくさんの問題を解くステージに進むと良いと思います。

4は塾の講師や家庭教師や保護者や動画授業で上手く説明している場合です。

これも上記と同様に、これで問題演習のステージに入れましたら、それで良いと思います。

5は、割合と比という分野は、数の性質、場合の数、平面図形の応用、立体図形、速さの分野に比べればマスターしやすいです。

イメージ的にはY65の学力があれば、しゃかりきになって取り組まなくても大丈夫です。

誰に教わってもどんな解き方でも、問題演習をしていけば、いつの間にかできるようになります。

6は身についてきた子が、さらに深く理解するための勉強としては良いスタイルです。

そして7です。

例えばニュートン算ですが、「線分図で解く(延べで考える)」「全体量を決める(講師によっていろいろな表し方がある)」「消去算で解く(方程式風)」というものがあります。

解き方によって、身に付き方がまるで異なります。

私は、全体量を決め、表に示していく手法を好んでいます。

解けない場合は解き方を変えるというのが、割合と比などの文章題には特に有効です。

なかなか割合と比が上達しない場合は、動画授業をたくさん見るか、解き方を変えることになりますが、応用に繋げていくことを考えますと、動画授業は上級者向けです。

5年生の学習の多くは割合と比(いろいろな割合と比の問題、速さと比、平面図形と比、立体図形と比を含む)です。

解ける解き方を身につけられる教材を選ぶことが、5年生の算数を上手く乗り切る最大のポイントだと思います。

 

2021年度は第1話から順に改訂しております。
小5対話式算数は2022年度に改訂開始予定です。
小5対話式算数はサンプルを用意しておりません。
小4対話式算数第1話のサンプルをご参照願います。
小5対話式算数の特定単元をご希望の方は、大変恐縮でございますが、小5対話式算数の単品購入をお願いいたします。

 

お問い合わせ・サンプル

 

お問い合わせ

 

サンプルのご注文

 

 

対話式算数のご購入

 

探求会員権のご購入

 

年間一括・分野別のご購入
分野別は3話ごとの販売となります

 

年間一括購入と探求会員権
以下のサービスの差異がございます。
年間一括購入から探求会員権には、差額をお支払いくださいましたら変更可能です。
判断に迷われる場合は、年間一括購入や分野別購入から始められると良いと思います。
 
年間一括購入 探求会員権

小5対話式算数第49~102話をご利用になれます

対話式算数に準拠した演習問題を1回100円でご利用になれます

メール・お電話で、当教材に関するご相談が可能です

質問コーナーで質問できます

小5対話式算数第49~102話をご利用になれます

対話式算数に準拠した演習問題をご利用になれます

小5集中シリーズ・小5グランプリシリーズを半額でご購入になれます

会員無料教材をご利用になれます

メール・お電話・LINEで、当教材に関するご相談の他に、受験全般のご相談が可能です

質問コーナーで質問できます

LINE・スカイプ・Zoomで、分からない問題の質問ができます(スカイプ・Zoomは1回15分まで、1週間2回まで)

LINE・スカイプ・Zoomで、解き方や進捗状況のチェックやアドバイスを受けられます

小6探求会員権を割引で購入できます