対話式算数とは

対話式算数は、解法の仕組みの説明と算数論に満ち溢れています

解き方を教わって、類題演習をすれば、その場では正解にでき、テストで高得点を取れます。

そういう学習で良いと思われるのであれば、それで良いと思いますが、そういう学習では、長い目で見て不安という方を対話式算数は応援します。

対話式算数は2人の生徒(白くまと茶くま)と先生の3人の会話で進めていく教材ですが、会話になることで、解法の仕組みがとてもよく分かるようになっています。

茶くま君がちょっと考え方が浅くて上手く思考できていないときに、白くま君が「それはちょっと違うと思うよ」とつっこみを入れ、茶くま君がすぐに気づいたり、先生のアドバイスでしっかり考え直して気づいたり、先生が説明したりして、解決します。

その会話の流れで、解法の仕組みを嫌でも重要視し、納得していくことになります。

また、茶くま君は「どうしてこれじゃダメなんですか?」と疑問を口にすることが多く、白くま君も深いレベルの疑問を感じることがあり、そこから算数論につながって行きます。

白くま君と茶くま君と先生による対話式の教材により、解法の仕組みが理解でき、算数論に触れて理解していくことになります。

 

対話式算数はどういう教材か?

小4から始まり、毎週1話ずつ進み、48週間で4年生が終了し、そこから小5が始まり、毎週 1話ずつ進み、54週間で5年生が終了します。

全102話(102週間)で小4対話式算数・小5対話式算数の学習が完成します。

これで入試に必要な全単元を学習することになります。

その後、難関校(四谷大塚偏差値60以上)を目指す子は小6対話式算数に進みます。

小4と小5の対話式算数は、毎話5テーマあり、5テーマの本編を合わせて1時間くらいで読み、各テーマの練習問題が3問ずつありますので、その15問を解き、演習問題も15問ほど付録していますので、それを解いていくという体制で学習を進めます。

新6年生の子の家庭教師を始めたとき、他のどの教材よりも対話式算数を使って学習してきた子の方ができます。

そういう経験を毎年のようにしていますので、自信を持って対話式算数をお薦めします。

書物の教材ですので、カリキュラム表で学習する日付は載せていますが、いつから始めても良いですし、毎週1話と固定しなくても良いですし、カリキュラムの順番を変えても良いです。

そのあたりは、LINEでご相談をいただけましたら、真摯にアドバイスいたします。

 

対話式算数の効能

解きやすい解き方を身につけられる

対話式算数は解き方にものすごく拘っています。

一言で申しますと、汎用性のある解法です。

汎用性のある解法を身につけて、それをいろいろな問題に活用していく方針です。

「子どもでも書きやすい」「書いてから考えやすい」

こういった書き方ができる解法を採用しています。

いろいろな別解を知って使いこなすのは、かなりあとからで良いと思っています。

イメージできる学習になる

対話式算数は、図や表が多いです。

ただ、図や表が多いだけではありません。

塾の授業では、講師がどういう順番で書いていくのか見ることができます。

しかし、書物はそこに欠点があり、完成形の図や表だけ載せてしまうと、筋道が分かりにくくなります。

その欠点を解消するため、例えば規則性の表の場合、いきなり完成形を書くのではなく、まず「1段目だけ」、次に「1段目と2段目だけ」、そして「完成形」というように3つに分けたりしています。

イメージできるように、筋道が分かるように、図や表をポイントごとに分けることで、図や表が多くなっています。

また、計算を使えば省略できるものでも、全体を載せたりしています。

計算と表がリンクすることを目的としているからです。  

対話式算数で学習するメリット

解き方(書き方)が良くなる

これは基本姿勢として表で解くスタイルにしていることと、算数論をふんだんに載せているからだと思います。

実際に対話式算数を使って学習している子を見ますと、解き方が良い子が多いと自信を持って言えます。

お子様の状況によってちょうど良いペースで学習できる

先取り学習もできますし、その逆に小5から受験勉強スタートなどもできます。

重要単元に時間をかけることもできます。

活字を読んで理解できるタイプと相性が良い

授業を聞いて理解することはあまり得意ではないけど、書物なら理解しやすいという子は、実はとても多いです。

書物の教材なので、そういう子にピッタリです。

楽しい教材で勉強ができる

これはよく言われます。

楽しくなければプラスアルファの効果が出ませんので、とても嬉しく思っています。

ご相談やご質問ができる

LINEで対話式算数の学習の仕方、進め方のご相談や、分からない問題のご質問ができます。

立ち位置が分かる

練習問題1問ごとに難易度の記号をつけていますので、どの難易度まで解いているか、解けているかで、だいたいの学力が掴めます。

様々な難度の問題が出て、ミスの有無で偏差値が上下するテストよりも、実力の把握はしやすいと思います。

保護者が教えやすい

よく、親が中学受験をしていないし文系だけど、この教材なら、事前に予習をしないで、子どもと一緒に読んでいって、ヒントを言うことができるから楽と言われます。

私は理系なので、あまりそういう視点はありませんでしたが、これだけでも価値があるのかなと思っています。

 

対話式算数で学習するデメリット

学習ペースを守れない

これはデメリットに聞こえますが、よくあることで、通塾している場合に当てはめてみると、カリキュラムは進んでいるけど、消化できていないのと同じことです。

どっちもどっちという感じだと思います。

家庭学習だからペースを守れない姿を目の当たりにしてしまうということです。

できる限り状況に合わせたアドバイスを差し上げますので、お気軽にご相談ください。

ライバルがいないとやりにくい

これはお子様の性格次第ではデメリットになります。

ライバルがいることで張り切る環境がいいのか、1つ1つしっかり理解して進めていく環境がいいのかの選択になります。

デメリットはこれくらいだと思いますが、他に「こういうメリットがある」「こういうデメリットがある」というものがありましたら、教えてください。

 

対話式算数のご購入

 

年間一括のご購入

分野別のご購入

サンプルはこちら(有料になります)

 

小4対話式算数のご購入は、以下のいずれかになります。
全48話(第1~48話)年間一括購入33000円(税込)
4話ごとの分野別購入2750円(税込)
年間一括購入の場合は無料で演習教材(重要単元で10~25問ご用意し、練習問題に準拠していて良問揃いですが、解説無し)をご利用になれます。
サンプルは有料(330円でご希望の単元1話分限定)で、算数教材塾・探求の教材を購入したことがない方はクレジットカード決済のみで対応いたします。
サンプルをご利用後に正規版をご購入の場合は330円引で販売いたします(自己申告制となります)。
小5対話式算数のご購入は、以下のいずれかになります。
全54話(第49~102話)年間一括購入39600円(税込)
3話ごとの分野別購入2200円(税込)
年間一括購入の場合は無料で演習教材(重要単元で10~25問ご用意し、練習問題に準拠していて良問揃いですが、解説無し)をご利用になれます。
サンプルは有料(330円でご希望の単元1話分限定)で、算数教材塾・探求の教材を購入したことがない方はクレジットカード決済のみで対応いたします。
サンプルをご利用後に正規版をご購入の場合は330円引で販売いたします(自己申告制となります)。