中学入試の重要単元御三家は「場合の数」「立体図形」「速さ」だと考えています。

「立体図形」は、切断問題は、三角すいタイプは相似の利用、複数切断タイプは〔底面積×高さの平均〕の型に持っていくこと、影の問題は平面で考えること、穴あけ問題は3通りの解法を身につければ、サピックス模試正答率3%以上の問題はだいたい解けます。

マスターまでに少々時間がかかりますが、確実に得点源となる単元です。

 

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]小6集中立体図形[/btn]

立体図形の問題をたくさん練習できます。

 

※現在、効率良く解法が身につく教材を作成中です。