中学受験界の常識では、難関中学を目指しているのに小5の間に通塾しないはあり得ません。

話が変わりますが、大リーグの大谷選手がプロ入りするとき、ほとんどのプロ野球評論家は、二刀流は無理と断言しました。

世間の常識とは、そのような無責任なものなのです。

良い教材を使って学習していけば、難関中学合格は可能です。

算数は、通塾生と遜色ないどころか、通塾生よりもアドバンテージを作れます。

以下の6点の教材のご使用をお勧めいたします。

 

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]小5対話式算数[/btn]

大手塾の5年生用テキストと同等以上の教材で、自宅学習用です。

 

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]小5集中図形[/btn]

5年生の間に平面図形と比をしっかり取り組むとアドバンテージができます。

 

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]小5集中場合の数[/btn]

4年生に引き続き5年生の間も、難関校を目指すならば、場合の数を鍛えることは必須です。

 

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]小5集中割合[/btn]

5年生で学習する単元のほとんどが、割合と比が絡みます。割合と比を強くすることが重要です。

 

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]小5集中特殊算[/btn]

和と差に関する問題です。難関校を目指す場合は、優先順位は下がります。

 

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]小5グランプリ算数[/btn]

難しい問題に強くなるために、対話型の解説で、思考の流れが身につきやすくなっています。