優秀な5年生は、オプションで学習するとしたら、6年生で学習するようなテクニックを身につけていくか、難問を解くかのどちらかになります。

難問を解くことを選んだ場合、問題選びが難しいです。

市販の教材で、学年名が付いていない場合は、6年生で学習するようなテクニックで解く問題が多くなります。

学年名が付いていたとしても、執筆者にこだわりがないと、テクニックを身につけてから解く問題だよという問題が散見されます。

お勧めします「小5グランプリ算数」「小5応用力をつける」は小学5年生に解いて欲しい問題で、4年生までの知識と、十分な思考力があれば解ける問題です。

 

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]小5グランプリ算数[/btn]

知識不要で、考えれば解けるような問題が多く、数系の問題が多くなります。

 

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]応用力をつける[/btn]

レベルは高めですが、作業していく問題中心です。