算数教材塾・探求の大手塾の解説書「SAPIX」

小5ダウンロードはこちら

小6ダウンロードはこちら

概要

首都圏で難関校への合格実績No.1と言えばサピックスです。20世紀末に日能研や四谷大塚グループを追い抜いてから、独走状態です。他の塾の追随を許しません。「システム」「講師」「カリキュラム」「授業」「教材」が優れているというしかありません。

とは言いましても、サピックスに通われている生徒さんすべてが順調に進めているわけではないと思います。算数がもう少し強ければと強く願っている方も多いのではないでしょうか。

塾で理解し切れていないときは、家で補充すると思いますが、そういうときは塾教材は心もとないものです。サピックスに限らず、塾教材は理解できていない生徒さんのことを考えてつくっているものではないからです。

サピックスに通われている方からも次のような声がよく届きます。

  • 算数だけ弱いので、算数をもう少し強くして上のクラスに行って、難関校を目指したい。
  • いまの成績は良いが、暗記しているような学習なので今後が不安。
  • 親が教え込んでなんとかこの位置です。だんだん難しくなって親が教えられなくなったら厳しいと思う。

 

このような声に応えまして、算数教材塾・探求ではサピックスのメイン教材デイリーサピックス(小6はデイリーサポート)の解説を独自で書くことにしました。

授業で教える内容を書面化したものです。

塾の授業を1回聴いて100%理解することは大変といいますか、よほど優秀な生徒さん以外、不可能だと思います。

それならば授業を反復して受ければ問題は解決します。

それも、あやふやなところだけ何回も授業を受けた方が効率が良いです。

動画授業ならまだしも、サピックス生にとって、それは現実的ではありません。

それが可能となるのは書物だけです。

書物は重要なところや分かりにくいところは時間をかけて何回も読むことができますし、分かるところはサラッと読み飛ばせます。

本来、学問は書物から学んでいくはずですが、なぜか中学受験は書物が軽視されているのが不思議です。

動画授業は、分かりにくいところをゆっくり見ることはできませんし、その部分を何回も見直す姿勢の生徒さんも多くないと思います。

そういう理由で、動画授業より書物の方が学習効果が高いと思います。

この長所を生かして、一人でも多くのサピックスに通われる生徒さんのお役に立てればと願っております。

※サンプルはご希望の1回を特価(税込300円)でご提供いたします。下部のご注文ボタンをクリック願います。

 

特徴

  1. 小5は、デイリーサピックスから基本骨格となる問題(約8問)の解説です
  2. 小6は、デイリーサポート(A~Eのプリント)のほぼ全問の解説です
  3. 「解く流れ」を載せています
  4. 「口語調解説」なので、分かりやすいと思います(先生と生徒による対話式ではありません)
  5. 「どういうときにこうするのか」「どうしてこうするのか」という、算数を強化したい生徒さんにとって最も重要な部分をていねいに記載します
  6. 塾講師が授業で伝えるようなことを漏らさず載せています
  7. 書き方の模範例と感じるように書いていますので、真似しやすいと思います

 

小5

教材 クリック
全7期 510-01~37/講習(春期・夏期・冬期) Download
1期 510-01~06 Download
2期 春期講習
3期 510-07~19 Download
4期 夏期講習
5期 510-20~34
6期 冬期講習
7期 510-35~37
  1. 2020年3月29日3時…510-04を公開しました
  2. 2020年2月26日5時…510-03を公開しました
  3. 2020年2月21日17時…510-02を修正(P.12-1)しました
  4. 2020年2月18日3時…510-02を公開しました
  5. 2020年2月13日18時…510-01を修正しました

 

小6

教材 クリック
全4期 61-01~20/講習(春期・夏期) Download
1期 61-01~06 Download
2期 春期講習 Download
3期 61-07~20 Download
4期 夏期講習 Download
  1. 2020年2月21日16時58分…61-01を修正しました
  2. 2020年2月19日4時37分…61-01を公開しました

※6年生は夏期講習までご用意いたします

この解説書は、現在、サピックスに通塾している5年生・6年生限定のものです
以下の方はご遠慮願います

  1. 通塾していないけど教材を入手し、それで勉強するために解説が欲しい
  2. 将来、サピックスに入塾するつもりだけど、その前にどんなことをやっているか知りたい
  3. 家庭教師や塾講師など含め、小学5年生・6年生以外の人