応用力をつける(難易度と概要)

難易度と概要(3月)

他の月はこちら

 

ナンバー 難易度 問題の概要
No.31 規則性で解けますが、数の性質を考え、理由を説明できるところまで理解して欲しいです。
No.32 ★★★★ まともに考えたら大変です。模式的な図で解く練習をする問題です。
No.33 ★★★ 徐々に立体図形の切断の頻度を上げる予定です。これは比較的基本的です。
No.34 ★★★ 速さというとすぐに図を描きたくなる人もいますが、式を並べられるときは並べましょう。
No.35 ★★★ 1と2と6の位置を気をつけましょう。場合分けのセンスを磨く問題です。
No.36 ★★★★ グループ分けして解くことは、場合の数の難問で有効です。
No.37 ★★★★★ 立体図形から平面図形を取り出して相似を使う問題です。立体図形の切断の難問はこういうタイプが多いです。
No.38 ★★ 約数と書いてあったら倍数を使い、倍数と書いてあったら約数を使います。ひねくれている性格みたいですが、算数ではこれが標準な思考です。
No.39 ★★★ 変わった書き出し方をしました。こういう問題で引き出しにいろいろなものを詰めて欲しいと思います。
No.40 ★★★★★ 角部屋とその他の部屋を分けて考えることがこの問題のポイントです。
No.41 ★★ 何回貸せば元が取れるかを考えましょう。売買損益算のセンスが必要です。旅人算も意識します。
No.42 ★★★ 図をかいて解きます。後半は立方体に水が染み込んだというように考えます。
No.43 ★★★★★ このままの状態で探していくときついです。式変形してから探すというセンスを身につけましょう。
No.44 ★★★ 条件を式にします。たてを揃えるように書くと解きやすくなります。整える練習に適した問題です。
No.45 ★★★★★ まず、皿の選び方が21通りあって、過不足ないことを確認します。「10があった方がいいかな」と考えることがポイントです。
No.46 ★★★ 数の性質とは、素因数分解と、偶数・奇数に注目する問題が多いです。これは偶数・奇数に注目します。勝手に決めないようにします。
No.47 ★★★★ 時計の問題ですが、並の問題とは動き方が違います。周期性で解きます。
No.48 ★★★★ 人に名前を付けると上手く解けます。どういう名前を付ければいいのかを閃くことが難しいです。
No.49 ★★★ 立体の切断で、三角すいをくっつけて大きな三角すいをつくるタイプです。(2)は平面図形の問題です。
No.50 ★★★★★ 2回出会う問題の中では、かなり難しい問題です。式で処理をするという発想が必要です。
No.51 百の位は個数を数え、一の位と十の位は周期性で求めます。
No.52 ★★★★ 3回切断の問題です。先に2回をセットで切り、最後に1回切るというように順番が大切です。
No.53 ★★ (2)はグル-プ分けして、書きもれがないように努めます。
No.54 ★★ 図形と規則性は表を利用することが大切ですが、これは式を整えて書きます。
No.55 ★★★★ (1)(2)(3)必要な面を取りだして相似を使って解きます。(4)切り取る部分は三角すいの和から重なりをひいたものです。重なりをしっかり求めることがこの問題のテーマです。
No.56 ★★★
No.57 ★★★ タイサンでは既約分数の問題として扱っています。
No.58 ★★★★ 小数の位が決まっているものは分数を利用します。
No.59 ★★★ 場合の数の逆算という変わった問題です。44通りが2つあるので、それを突破口に考えていきます。
No.60 ★★★★★ 34の倍数ということが気になるかもしれませんが、練習をして仕組みを知ることがポイントです

 

対象校別推薦問題

 

筑波大学付属駒場中対策

No.3・No.5・No.6・No.7・No.10・No.14・No.15・No.16・No.17・No.18・No.21・

No.23・No.25・No.30・No.32・No.35・No.36・No.39・No.40・No.43・No.46・

No.47・No.50・No.53・No.54・No.56・No.57・No.58・No.59・No.60・No.61・No.62・No.65・

No.66・No.67・No.71・No.73・No.74・No.76・No.77・No.79・No.83・No.88・

No.89・No.92・No.98・No.99・No.100・No.102・No.103・No.106・No.108・No.110・

No.112・No.113・No.114・No.116・No.117・No.118・No.120・No.123・No.124・No.127・

No.129・No.135・No.138・No.140・No.142・No.143・No.145・No.146・No.147・No.148・

No.149・No.150・No.151・No.154・No.156・No.158・No.160・No.164・No.165・No.166・

No.169・No.172・No.173・No.174・No.175・No.176・No.177・No.178・No.183・No.188・

No.192・No.197・No.199

 

開成中対策

No.5・No.6・No.8・No.10・No.12・No.14・No.17・No.18・No.23・No.26・No.27・

No.31・No.32・No.37・No.38・No.40・No.43・No.46・No.47・No.50・No.52・

No.53・No.55・No.56・No.59・No.64・No.65・No.66・No.68・No.69・No.71・No.73・

No.74・No.78・No.88・No.93・No.97・No.99・No.100・No.102・No.105・No.117・

No.118・No.119・No.120・No.122・No.127・No.129・No.130・No.134・No.139・No.140・

No.143・No.144・No.145・No.148・No.149・No.153・No.156・No.158・No.159・No.160・

No.164・No.166・No.169・No.175・No.176・No.177・No.180・No.182・No.183・No.185・

No.186・No.188・No.190・No.194・No.197・No.199・No.200

 

麻布中対策

No.2・No.7・No.8・No.12・No.16・No.17・No.18・No.20・No.22・No.24・

No.25・No.26・No.27・No.28・No.30・No.32・No.34・No.38・No.40・No.44・

No.46・No.52・No.53・No.55・No.56・No.57・No.58・No.60・No.62・

No.64・No.66・No.70・No.71・No.73・No.76・No.79・No.80・No.83・No.85・

No.86・No.87・No.89・No.90・No.92・No.95・No.96・No.102・No.106・No.110・

No.115・No.116・No.119・No.123・No.131・No.133・No.134・No.135・No.136・No.138・

No.139・No.140・No.141・No.142・No.143・No.144・No.145・No.146・No.147・No.154・

No.159・No.161・No.166・No.174・No.175・No.176・No.178・No.180・No.185・No.186・

No.192・No.199

 

駒場東邦中対策

No.5・No.6・No.7・No.8・No.10・No.12・No.15・No.16・No.22・No.23・No.25・

No.26・No.29・No.32・No.33・No.35・No.41・No.46・No.50・No.52・No.53・

No.55・No.56・No.57・No.58・No.59・No.62・No.65・No.66・No.67・No.68・No.71・

No.73・No.75・No.79・No.81・No.83・No.85・No.87・No.88・No.89・No.95・

No.99・No.102・No.108・No.113・No.117・No.119・No.120・No.122・No.123・No.124・

No.127・No.134・No.135・No.136・No.137・No.138・No.139・No.140・No.144・No.145・

No.146・No.148・No.150・No.153・No.154・No.162・No.166・No.169・No.173・No.174・

No.175・No.177・No.178・No.180・No.182・No.189・No.190・No.191・No.192・No.197・

No.198・No.199・No.200

 

早稲田中対策

No.1・No.2・No.3・No.5・No.7・No.9・No.10・No.11・No.16・No.20・

No.21・No.23・No.27・No.28・No.29・No.31・No.33・No.35・No.36・No.38・

No.39・No.42・No.44・No.46・No.47・No.49・No.52・No.53・No.57・

No.61・No.63・No.65・No.66・No.67・No.68・No.69・No.72・No.73・No.75・

No.77・No.81・No.82・No.84・No.85・No.87・No.90・No.91・No.95・No.96・

No.98・No.101・No.104・No.109・No.111・No.113・No.115・No.121・No.125・No.128・

No.130・No.132・No.133・No.134・No.135・No.136・No.137・No.138・No.139・No.141・

No.143・No.144・No.145・No.148・No.149・No.151・No.152・No.153・No.154・No.155・

No.156・No.159・No.161・No.162・No.167・No.168・No.169・No.174・No.175・No.176・

No.179・No.180・No.182・No.183・No.184・No.185・No.187・No.190・No.191・No.192・

No.193・No.194・No.196・No.197・No.198・No.200

 

栄光学園中対策

No.1・No.2・No.3・No.6・No.8・No.10・No.11・No.12・No.13・No.17・No.22・

No.23・No.24・No.26・No.28・No.30・No.31・No.36・No.38・No.39・No.40・

No.43・No.45・No.46・No.48・No.53・No.56・No.58・No.59・No.60・

No.62・No.63・No.64・No.66・No.67・No.70・No.71・No.74・No.76・No.78・

No.80・No.82・No.84・No.85・No.86・No.87・No.88・No.89・No.91・No.92・

No.93・No.94・No.95・No.96・No.98・No.100・No.101・No.103・No.108・No.112・

No.113・No.114・No.117・No.118・No.120・No.122・No.125・No.127・No.128・No.129・

No.130・No.131・No.132・No.134・No.135・No.136・No.137・No.139・No.143・No.145・

No.147・No.149・No.152・No.155・No.158・No.161・No.163・No.164・No.165・No.166・

No.167・No.172・No.174・No.175・No.176・No.177・No.178・No.181・No.183・No.184・

No.185・No.186・No.187・No.188・No.189・No.190・No.198・No.199

 

聖光学院中対策

No.3・No.5・No.8・No.10・No.12・No.14・No.15・No.16・No.17・No.18・

No.20・No.25・No.28・No.32・No.33・No.35・No.36・No.37・No.39・No.40・

No.43・No.49・No.50・No.52・No.55・No.62・No.64・No.68・No.73・No.79・

No.80・No.82・No.85・No.87・No.90・No.92・No.95・No.97・No.100・No.105・

No.107・No.110・No.115・No.116・No.117・No.118・No.119・No.123・No.124・No.127・

No.129・No.130・No.134・No.138・No.139・No.140・No.141・No.143・No.144・No.149・

No.152・No.155・No.156・No.158・No.160・No.162・No.164・No.165・No.167・No.169・

No.170・No.174・No.175・No.176・No.179・No.180・No.182・No.185・No.186・No.188・

No.190・No.192・No.194・No.197・No.198・No.199・No.200

 

慶応義塾普通部対策

No.1・No.2・No.4・No.6・No.7・No.9・No.10・No.11・No.12・No.19・

No.21・No.26・No.28・No.34・No.35・No.38・No.41・No.48・No.51・

No.54・No.57・No.65・No.70・No.73・No.77・No.82・No.86・No.91・

No.98・No.99・No.104・No.111・No.112・No.121・No.122・No.124・No.126・No.128・

No.131・No.133・No.136・No.137・No.138・No.141・No.142・No.144・No.145・No.148・

No.150・No.151・No.154・No.156・No.162・No.163・No.171・No.173・No.182・No.184・

No.187・No.191・No.193・No.195・No.198

 

桜蔭中対策

No.3・No.4・No.5・No.6・No.7・No.8・No.10・No.11・No.12・No.14・

No.16・No.17・No.20・No.22・No.23・No.24・No.26・No.27・No.31・No.35・

No.36・No.39・No.41・No.42・No.44・No.46・No.47・No.49・No.51・No.53・

No.54・No.56・No.61・No.63・No.65・No.66・No.67・No.69・No.72・

No.73・No.80・No.81・No.84・No.85・No.86・No.89・No.93・No.94・No.95・

No.98・No.101・No.104・No.106・No.109・No.112・No.113・No.115・No.122・No.121・

No.125・No.127・No.128・No.130・No.132・No.134・No.135・No.136・No.137・No.138・

No.139・No.140・No.142・No.143・No.144・No.149・No.151・No.152・No.153・No.154・

No.155・No.156・No.158・No.159・No.163・No.164・No.166・No.167・No.168・No.169・

No.171・No.174・No.177・No.178・No.179・No.180・No.182・No.183・No.184・No.185・

No.187・No.192・No.194・No.195・No.196・No.197・No.198・No.200

 

女子学院中対策

No.1・No.2・No.3・No.4・No.7・No.10・No.13・No.19・No.20・

No.21・No.24・No.27・No.28・No.29・No.31・No.38・No.41・No.42・No.44・

No.49・No.54・No.63・No.70・No.72・No.75・No.82・No.84・No.86・No.91・

No.99・No.101・No.104・No.106・No.107・No.109・No.111・No.112・No.121・No.126・

No.131・No.132・No.133・No.136・No.138・No.139・No.141・No.142・No.148・No.150・

No.151・No.156・No.161・No.162・No.168・No.171・No.172・No.181・No.184・No.187・

No.193・No.195・No.196

 

豊島岡女子中対策

No.1・No.2・No.4・No.6・No.10・No.11・No.13・No.22・No.25・No.26・

No28・No.29・No.34・No.39・No.41・No.42・No.44・No.46・No.47・No.49・

No.54・No.57・No.63・No.67・No.69・No.72・No.75・No.77・

No.81・No.82・No.85・No.87・No.91・No.95・No.96・No.101・No.104・No.106・

No.109・No.112・No.115・No.121・No.126・No.128・No.131・No.133・No.135・No.136・

No.137・No.138・No.139・No.141・No.142・No.145・No.148・No.149・No.150・No.151・

No.152・No.156・No.161・No.163・No.168・No.171・No.172・No.173・No.181・No.184・

No.187・No.190・No.191・No.193・No.195・No.196・No.198

 

フェリス女学院中対策

No.1・No.2・No.3・No.4・No.9・No.10・No.11・No.13・No.17・No.20・

No.22・No.26・No.27・No.28・No.29・No.30・No.31・No.34・No.38・No.42・

No.44・No.46・No.47・No.48・No.57・No.63・No.65・No.69・No.72・

No.77・No.81・No.82・No.86・No.87・No.91・No.94・No.96・No.98・No.101・

No.104・No.107・No.109・No.111・No.112・No.115・No.121・No.132・No.133・No.136・

No.138・No.142・No.143・No.148・No.149・No.152・No.155・No.156・No.168・No.173・

No.177・No.181・No.184・No.187・No.191・No.193・No.196

 

渋谷幕張中対策

No.5・No.8・No.10・No.12・No.13・No.14・No.15・No.16・No.17・No.18・

No.20・No.23・No.25・No.27・No.30・No.31・No.32・No.33・No.35・No.36・

No.37・No.39・No.40・No.43・No.45・No.46・No.50・No.51・No.52・No.53・No.55・

No.56・No.58・No.59・No.60・No.62・No.64・No.65・No.67・No.68・No.73・No.74・

No.76・No.79・No.80・No.82・No.88・No.89・No.92・No.95・No.97・No.99・

No.101・No.102・No.103・No.105・No.110・No.114・No.115・No.116・No.117・No.118・

No.119・No.120・No.122・No.124・No.129・No.130・No.139・No.143・No.145・No.150・

No.152・No.153・No.155・No.156・No.158・No.159・No.160・No.164・No.166・No.167・

No.169・No.170・No.174・No.175・No.178・No.180・No.182・No.183・No.184・No.186・

No.188・No.190・No.194・No.197・No.199・No.200