応用力をつける

書店の学参の中学受験のコーナーには難しい問題を揃えた問題集がいくつかあります。

しかし、そのような問題集は、できる子が対象です。

例えば、塾で、「中学への算数」を学習した方がいいですか?とご相談すると、「やらなくていい」という言葉が返ってくることが多いです。

できるようにする教材ではなくて、できる子が取り組む教材だからです。

算数教材塾・探求でも、難しい問題を集めた「小4グランプリ算数」、「小5グランプリ算数」をご用意し、書店に並んでいるどの教材よりもレベルが高いと思います。

解説は分かりやすい対話式にしていますので、門戸はもう少し広いですが、それでもできる子が対象です。

ご相談をいただいても、トップレベルのお子様以外にはあまり勧めておりません。

しかし、できる子が取り組む教材よりも、できる子になるための教材の方がニーズがあるはずです。

サピックス偏差値60を65に上げたい、55を60上げたい、50を55に上げたい、多くのご家庭がそのような希望を持っているはずです。

そこで算数教材塾・探求では、応用力を上げる教材を作成することにしました。

小5用と小6用では狙いはまったく異なります。

 

小5応用力をつける

小5用です。

なんと解説無しです。

1週間に1問のペースで出題しますので、それを考え抜いてください。

最大で1日10分を7日間続けます。

考えることで思考力がつきます。

それは、考えると思考力がつくであろう問題を厳選して集めているからです。

考えることを楽しめるように、分からなければ諦めてもよいです。

1年間で52問出題しますので、30勝を目標にすると良いと思います。

 

教材の特徴
その1
その2
その3

 

料金

応用力をつける 価格
No.1~10 500円
No.11~20 500円
No.21~30 500円
No.31~40 500円
No.41~52 600円

料金は税込価格です

会員価格として、小5探求会員様は半額になります。

 

応用力をつける

小6用です。

「解法の戦術」を伝えます。

茶くま君と白くま君と先生の対話式で進めていきますので、難しい問題を解くことになりますが、どっぷり浸かれます。

算数論を語り合っている空間に身を置くような感覚になります。

思考力問題を正しく思考していくためには、算数論の話についていけるセンスが必要ですが、それを養います。

しっかり問題を解いても良いですが、ソファーでのんびり算数論に耳を傾けるように読書するだけでも効果があります。

例えば、映画をつくる場合(あくまでも想像ですが)、映画を誰よりもたくさん見て、どっぷり浸かって、自分はこういうものをつくりたいという想いをもってつくると思います。

それと似ているのではないかと思います。

難問を解けるようになるには、難問を解いている人を見て、自分もそれと重ね合わせることが重要というわけです。

こちらのブログもご参照ください

応用力をつける教材を販売します

 

教材の特徴
その1
その2
その3

 

料金

応用力をつける 価格
1ヶ月(30問) 4000円
12ヶ月(360問) 48000円

料金は税込価格です
1ヶ月単位で販売いたします
会員価格の設定はございません