小6集中平面図形

大手進学塾の平面図形を扱う比重よりも、入試に出題される比重の方が高いです。

塾がいけないわけではなく、教える項目の関係上当然のことです。

つまり、受験生が自発的に平面図形に取り組むことで対応し、ライバルにアドバンテージをつくれば良いというわけです。

小4集中図形でも小5集中図形でも書きましたが、図形はセンスではありません。

良質な問題の練習量次第です。

 

6年集中シリーズについて

6年生用の集中シリーズは、A、Bを別売りとします。

Aは、男子なら、攻玉社・世田谷学園・本郷、女子なら、頌栄・洗足・鷗友までのレベルを想定しています。

それ以上の学校をご希望の場合はBを取り組んでください。

ご相談は承ります。

 

教材の特徴
その1
その2
その3

 

会員様条件はこちら

 

探求教材一覧に戻る