小6集中速さ

速さを制するものは受験を制します。

これは受け売りではなく、私のいままでの経験上の実感です。

速さが得意で、算数が得意ではない人は見たことがないと言ってもいいほどです。

「算数力を上げたい=まずは速さを鍛える」という作戦が正攻法です。

速さは思考系分野です。

問題を読んだら、サッと解き方の方針がつかめる他の分野とは異なり、1問1問解き方を考える必要のある問題が多いです。

融合問題も多く、解き方のレパートリーも広いです。

このような速さを得意にするためには練習しかありません。

そして1問1問、「こういうときはこう解く」と理解して経験として蓄えていく必要があります。

そのためには解説の質も重要です。

立体図形や数の性質などは、受験校の難度によって、問題の質は大きく異なり、重要度は学校によって大きく変わりますが、速さは、どの偏差値、男子校・女子校・共学問わず、難問となりやすいです。

速さを得意にすることにより、だれでも大きなアドバンテージとなります。

 

6年集中シリーズについて

6年生用の集中シリーズは、A、Bを別売りとします。

Aは、男子なら、攻玉社・世田谷学園・本郷、女子なら、頌栄・洗足・鷗友までのレベルを想定しています。

それ以上の学校をご希望の場合はBを取り組んでください。

ご相談は承ります。

 

教材の特徴
その1
その2
その3

 

会員様条件はこちら

 

探求教材一覧に戻る