対話式算数TypeJ

2020年度より、算数教材塾・探求では小学3年生用教材として対話式算数TypeJ(ジュニア)を販売します。

小学3年生用の教材としては、パズル系の教材、計算特訓、小4の先取り学習が一般的です。

 

算数教材塾・探求では、小学3年生の学習は書き出しがベストと考えています。

そこで、書き出し中心の教材の小3グランプリ算数を自信作として、ご用意しています。

しかし、書き出しの練習は難関校向けということもあり、多くのお子様に対応した教材として、4年生の学習にスムーズに繋げる教材もラインナップに加えたいと考えていました。

 

3年生が4年生用の教材を先取り学習として使用する場合、3年生向けに作成されている教材を使うことがベストです。

3年生向けというのは、簡単という意味だけではなく、手作業が多いという意味です。

解き方だけ覚えて、意味も分からずロボットのように解いて正解を出しても意味がありません。

4年生から通塾し、中学受験の学習が始まりますと、復習テスト漬けに困惑する可能性が高いです。

復習テスト漬けに麻痺し、いつの間にか、理解して身につけることよりも点数を取ることが目標となり、質の低い「解き方だけを覚える学習」になりがちです。

 

算数教材塾・探求では、3年生で、テストに追われていないときこそ、じっくり学習できるチャンスと考え、4年生で扱うような問題をできる限り本質を伝えられるように会話型の丁寧な流れで説明していきます。

解説は文字が多くなると詳しくはなりますが、読みにくくなり、3年生向けにはならないと判断し、会話は短めです。

図は他の塾教材や市販の教材よりも多いと思います。

会話は短めですが、説明不足ではなく、重要な部分はスモールステップでしっかり伝えています。

 

2020年度に正式販売となりますが、その前に、まず、サンプル版として、順次、公開していきます。

小3グランプリ算数を単元別と思考力をセットでご購入くださった方で、閲覧ご希望の方には無料で配付いたします。

また、毎回、ご感想(100字以上)をいただくお約束のできます方にも無料で配付いたします。

サンプル版の第4話が完成してから1ヶ月後に、第1~4話の無料期間は終了となり、有料版となります。

 

1話税込500円を予定しております。年間40話の販売で、合計20000円となります。

サンプル版のときのキャラクターは、女性の先生、少女の「みりんちゃん」、ペットの「ガオ太(ライオン)」ですが、徐々にオリジナルキャラクターに変更していきます。

 

カリキュラムは以下の通りです(変更になる可能性もあります)。

回数 学習日 単元名
第1話 5.25 角度①
第2話 6.1 図形のまわりの長さ
第3話 6.8 和差算
第4話 6.15 分配算
第5話 6.22 植木算
第6話 6.29 図形と規則性
第7話 7.6 数列
第8話 7.13 周期性
第9話 7.20 方陣算
第10話 7.27 暦の問題
第11話 8.3 面積
第12話 8.10 体積
第13話 8.17 容積
第14話 8.24 表面積
第15話 8.31 ならべる①
第16話 9.7 ならべる②
第17話 9.14 道順
第18話 9.21 図形を数える
第19話 9.28 図形をつくる
第20話 10.5 数をつくる
第21話 10.12 場合の数(書き出し)
第22話 10.19 つるかめ算
第23話 10.26 平均算
第24話 11.2 差集め算
第25話 11.9 消去算
第26話 11.16 代入算
第27話 11.23 角度②
第28話 11.30 展開図・投影図
第29話 12.7 作図
第30話 12.14 サイコロ
第31話 12.21 魔方陣
第32話 12.28 数と推理
第33話 1.4 計算の仕方
第34話 1.11 小数の計算①
第35話 1.18 小数の計算②
第36話 1.25 百分率・歩合
第37話 2.1 分数の計算
第38話 2.8 売買損益算
第39話 2.15 食塩水の濃度
第40話 2.22 速さ