教材メニュー

学力別各学年お勧め教材

あくまでも目安ですので、お気軽にご相談願います。

 

小学3年生教材

3年生は書き出しなどの作業を重視しています。

3年生は先取り学習やパズル系の思考力問題よりも、暗算の練習、書き出しの問題、作業する問題に取り組んだ方が効果的だと考えています。

4・5年生になったらなかなかできないことを、3年生の間に取り組むという方針はいかがでしょうか?

 

対話式算数

算数教材塾・探求のメイン教材です。

4年生の間、もしくは4・5年生の間に、通塾無しで対話式算数を使い、その後、サピックスで偏差値60以上で入塾できたという声を多数いただいています。

4・5年生の間に必要なのは、塾の競争ではなく、「解き方や仕組みを理解する質の高い学習」です。

 

長期シリーズ

長い期間をかけてしっかり取り組みたい重要単元「場合の数」と「平面図形」を用意しました。

特に小学4年生は、難関校を目指す場合でも、受験勉強のカリキュラムはスタートせず、これだけ取り組む学習スタイルで良いと言っても過言ではありません。

 

グランプリシリーズ

難問題集ですが、数系の比重が高いので、質の低い学習にはなりませんし、メリットだらけです。

解説が対話式なので、難問に対する思考の流れが身につきます。

特に4年生は、いろいろな単元をバランス良く進めるよりも、場合の数と、このグランプリ算数で数系を徹底して取り組んだ方が、英才教育にふさわしい学習となります。

 

特化シリーズ

ピンポイントで学習効果の狙いを定めた教材です。

 

強化シリーズ

得意分野を得点源にできることを目指す教材です。

 

大手塾の解説書(予習シリーズ5年上下・6年上)

家庭教師で説明していることを書面化したものです。

塾の解説は、授業で説明すること前提なので理由をほとんど書いていません。

「理由は分からないけど、高得点を取れるように覚える」という勉強になりがちです。

覚える算数になっている人に強くお勧めしたいです。

 

V6算数

全単元、良い解き方を身につけられる教材です。

解法の流れを載せ、それに肉付けされた説明を載せ、書き方の見本例を載せています。

算数が苦手な子は、書き方が悪いといっていいと思います。

この教材で解法の流れを理解し、良い書き方を身につけましょう。