CATEGORY

対話式算数について

  • 2021年7月11日

算数教材塾・探求の教材は質問ができます

質問できるかどうかは重要ではない 塾を選ぶときに、質問できるかどうかを判断材料の1つに挙げられる方が多いと思います。 しかし、これは本来はおかしな話です。 授業で吸収できないことを前提にしているわけです。 吸収できない場合に備えることをメインに考えるのではなく、吸収しやすい環境が大切です。 電気製品の保証のようなものかもしれません。 電気製品なら、保証の有無ならば、あった方が良いと思いますが、保証 […]

  • 2021年7月5日

対話式算数のカリキュラムの特徴

算数教材塾・探求の対話式算数は、カリキュラムを定めています。 市販の教材では、何年生の何月にどれをやるかというようなカリキュラムを定めているものは、見たことがありません。 塾に行かないで学習を進めていくためには、ペースメーカーとしてカリキュラムは必須だと思います。 カリキュラムは大まかに分けて、2通りあります。 似ている単元を続けていく繋がりを重視したスタイルと、一話完結のように繋がりを重視してい […]

  • 2021年6月29日

これだけは身につける

対話式算数は、かつて、通塾生向けに本編だけの販売をしたことがあります。 演習問題は塾で十分すぎるくらい配られるので、参考書がわりに使って欲しいという想いでした。 しかし、ここ数年、塾の教材に、紛らわしい融合問題が増えた気がします。 理由は、おそらく、教材の執筆者が面白い問題を選んでいるからだと思います。 面白い問題というのは、良い感じに捻りが入っていて、教える方は楽しいし、解くときも、これは良い捻 […]

  • 2021年2月4日

とにかく使用していただきたい教材

私もそうですが、ほとんどの家庭教師や塾講師は教えるのが得意な単元と苦手な単元があります。 例えば、一流のプロ野球の打者でも、インコースが苦手とか、落ちるボールが苦手などとあると思いますし、超一流と呼ばれる選手でも、相性の良くない投手はいると思います。 私の場合は、「場合の数」を教えるのが得意と自己評価していたのですが、ここ数年「速さ」で生徒さんが解く力を増していると実感しています。 模試で正答率が […]

  • 2020年8月15日

「中学への算数」との速さの解説の比較

現在、スカイプ指導で東京出版の「中学への算数」を使用していますが、ときには、良い問題は、算数教材塾・探求の教材にも入れています。 題材は入試問題で、私の編集している教材に1問単位で組み込むだけですし、問題も解説も自らPCで文字をうって、図も描いていますので、著作権は全く問題ないと思っています。   せっかくですので、解説の比較をお目にかけたいと思いまして、ブログを書くことにしました。 単 […]