予習シリーズ4年上第1回の講評

予習シリーズ4年上第1回かけ算とわり算の文章題

例題

例題1

一の位が0ではない数のかけ算です。

筆算でかけ算ができれば問題無しです。

 

例題2

一の位からいくつか0が続く数のかけ算です。

筆算で0を除外して計算していれば問題無しです。

 

例題3

わり算です。

割る数が1桁のとき、割る数が2桁のときをそれぞれスムーズに筆算でできれば問題無しです。

 

例題4

一の位からいくつか0が続く数のわり算です。

割る数の0を消したとき、割られる数の0を同じだけ消していたら問題無しです。

 

例題5

赤ビー玉全部の金額→ビー玉全部の金額→青ビー玉全部の金額→青ビー玉の個数の順に求めていきます。

それぞれ計算をしたときに、何を求めているかをつかめていたら問題無しです。

 

基本問題と練習問題の難度&重要度グラフ

 

 

 

予習シリーズアドバイス集

家庭教師の立場として、練習問題の解説を文字として残したものです。せっかく難度の高い練習問題を頑張って取り組むなら、ぜひ身につけて欲しい内容です(予習シリーズでは触れられていないこと満載です)。

今回はかけ算やわり算で解ける問題でした。

  • 単純なものはかけ算の式にする(わり算よりもかけ算の方がイメージしやすいと思います)
  • 条件が分かりにくいものは表で整えて書いていく

という姿勢を身につけると良いと思います。

慌てて出てきた数字をすぐにかけたり割ったりするような勉強ではなく、どういう状況かゆっくり落ち着いてイメージしてから求め方を考える習慣をつけましょう。

 

 

 

この記事は私が書いたよ!

full

TOP