悪口を書かれていました

今回はぼやきのようなブログです。

いつも心がけています有益な情報にはならないと思います。

数日前から、再びにほんブログ村に力を入れたいと考え、おかげさまで徐々に順位が上がっています。

この場をお借りし、感謝を申し上げたいと思います。

いつもありがとうございます。

これからもお手数をおかけしますが、にほんブログ村のバナーボタンをクリックをお願いいたします。

さて表題の通りなのですが、にほんブログ村に力を入れている関係で、少し同業他者のサイトも見ることにしました。

角田と名乗る家庭教師のブログが目に止まりました。

いきなり見たブログで、いろいろと有名な池田先生の悪口や私の元同僚の井上秀先生の話題があり、井上秀先生は人間的にも家庭教師としても尊敬しているけど、池田先生を紹介したらダメという論調でした。

もう少し見てみましたら、私のブログについても書いてありました。

表題の通り、悪口です。

私が家庭教師としてお勧めする人は10年以上集団塾で講師として正社員で働いた人間と書いたそうです。

こんなよそよそしい表現にしましたのは、該当ブログを検索で探しましたが、見つからなかったからです。

ブログを書いたときの心境としましては、家庭教師として戦力になる人間は、塾でも戦力として活躍しているはずで、私の今までの経験では、塾講師経験なしで、家庭教師をしっかりやっている人は想像できなかったので、そのような表現になったと思います。

おそらく角田先生は集団授業経験がそれほど長くなく、私の断定調のフレーズがカチンときたのだと思います。

絶対にこうだと言っている訳ではなく、家庭教師を雇うときは、塾講師経験は何年か、塾でどのようなコースを担当したのかは、講師のスペックとして、最低限、把握した方がいいとは思っていますが、それが全てと言っているわけではありません。

誤解を与えてしまっていましたら、申し訳ございません。

角田先生のブログは8割くらい良い内容だと思いましたが、やや悪口が多く、その分を有益な情報に書き換えれば良いのにとは思いました。

自分は良い講師というアピールが強く、その通りならば、とても良い講師なのではないでしょうか。

私も今から何年か前には、受験生のために、力のない家庭教師をこの業界から減らしたいと思っていましたが、今はそれは無理なことだと思っています。

家庭教師を雇う側の判断する目利き次第です。

それは家庭教師センターに依頼しても、個人契約でも同じことです。

お子様にとって金額に見合うほどプラスになっているかどうか

それが全てです。

角田先生のブログでは冒頭の池田先生はかなり高額の講師らしいですが、それに見合う満足度があるならば角田先生が口を挟むことではありません。

以前からこのブログに書いていますが、講師には、教え方が上手い、指導の組み立てが上手い、管理が上手いという3部門があります。

他には人間的魅力を売りにするタイプもありますが、それは3番目の管理部門に含めてもいいと思います。

他が劣っていても、一番欲しい部門が合致していたら、良い講師になります。

池田先生に教わったけど合わずに、角田先生に依頼したご家庭があって前任の池田先生を酷評しているとしても、ご家庭の求めていた部門と池田先生の特徴の合致を見誤ったと思うしかありません。

ちなみに彼の私のブログに対する悪口とは、

私が川崎予備校という小さな塾で指導スキルを身につけ、教材作成力を身につけたとアピールしていることに対して、大手塾で働かないと情報不足で生徒を伸ばせられないというものです。

SとWで合計7年くらい働いていましたし、大手塾の解説書も書いていますし、家庭教師をやっていれば、その大手塾の生徒さんを教えていますので、どういう教材をどう使っていて、その子にとって何が問題なのかくらいは分かっているつもりではいます。

とは言いましても、ホスピタリティはまだまだ向上させなければいけないので、それもやっぱり大事なことと改めて認識して強化していきたいと思っています。

また、私に対する悪口を見て、探求先生を解雇しようと思われる現在のスカイプ指導のお客様がいたとしましたら、営業妨害とは思わずに、それだけの信頼だったと自分で反省するのみです。

個人事業主で一人で働いていますと、このような悪口のような指摘でさえも有難いと思ってしまいます。