デイリーサピックス510-04の重点ポイント

デイリーサポート510-04の概要です。

概要だけでなく、算数教材塾・探求のスタイルの解き方をしっかり身につけたいという方は、有料ですがこちらをどうぞ。

 

問題番号が「1」のように色を付けているものは重要という意味です。

1 (2)3個に1個は3の倍数です。(4)12の倍数を求めます。(5)4の倍数の円と6の倍数の円のベン図をかきます。

2 (1)一の位は0か5です。(2)一の位は0か2か4か6か8です。

3 (1)は18を2倍したら12の倍数になるから36というように、最小公倍数もできるだけ連除法で求めない方が良いですが、(3)や(4)のように、3数ならば連除法で正しく解く練習をした方が良いと思います。

4 (1)直方体を並べて大きな立方体を作ります。立方体の方が直方体よりも大きいのか小さいのかをイメージしましょう。(2)1辺の長さが2倍になります。個数は8倍になります。

 

 (1)400÷5と49÷5を計算します。

2 (1)各位の和を3の倍数にしたいので、2+5+5=12なので、□は0か3か6か9です。(2)各位の和を9の倍数にしたいので、□は6です。(1)の4つから選びます。(3)下2桁を4の倍数にします。どうして下2桁が4の倍数ならば、その数は4の倍数になるか、理由を言えるようにしましょう。

3 (1)Aは6秒周期、Bは9秒周期、Cは15秒周期なので、3つでは90秒周期です。このとき、答えを91秒後とする人がいますが、90秒後に周期が終わり、90秒後から次の周期が始まるので90秒後で良いです。時間の数直線で納得しましょう。(2)90の倍数のときに同時に点灯するので、480÷90=5あまり30で、0秒後も数えると6回です。

 (1)6と8の公倍数は24の倍数なので、24×□+3という式を作ると良いと思います。(2)4と5と6の公倍数は60の倍数なので、60×□+1という式を作ると良いと思います。

 

 (1)あまりも不足も等しくないので、1番小さい数は頑張って探します。15です。その後は、7と6の最小公倍数の42ずつ大きくなるので、15+42×□という式を作れます。

 (1)15の倍数です。350÷15と149÷15を計算します。(2)ベン図で解いた方が良いですが、面倒くさいです。(1)に追加して、350÷5、149÷5、350÷3、149÷3をそれぞれ計算します。150~350まで数字は201個あることもしっかり身につけましょう。。

3 (1)16と6と4の最小公倍数の48分ごとに同時に発車します。(2)360以下の48の倍数を求めます。360÷48=7あまり24になりますが、0分後も数えるので、8回です。

 (1)Aは6秒周期、Bは8秒周期なので、2つでは24秒周期です。この24秒間を1周期として、○×式などで1秒ごとに調べていき、2つともついている時間が1周期に何秒あるかを求めます。300÷24=12あまり12なので、12周期の中に何秒あって、あまり12秒に何秒あるかを考えます。

 

 (1)縦20㎝、横6㎝の長方形の紙を重ねずに並べると考えます。1番小さい正方形は60㎝で2番目は2倍の120㎝になりますが、実際は121㎝です。(2)1辺が120㎝の正方形のとき、縦に6枚、横に20枚なので、120枚並べます。

2 論理という分野になりますが、どういう数が12の倍数かをよく考えて、「3の倍数の中の4の倍数が12の倍数」と言えるようにしましょう。□が1つなのでどちらからでも良いですが、3の倍数から考えた方が少し簡単な気がします。各位の和が3の倍数から□は2か5か8で、そのうち、下2桁が4の倍数になるのは2と8です。

 (1)縦26㎝、横12㎝の長方形の紙を重ねずに並べると考えます。1番小さい正方形は78㎝で2番目は2倍の156㎝になりますが、実際は155㎝です。(2)1辺が156㎝の正方形のとき、縦に6枚、横に13枚なので、78枚並べます。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ