デイリーサピックス510-03の重点ポイント

デイリーサポート510-03の概要です。

概要だけでなく、算数教材塾・探求のスタイルの解き方をしっかり身につけたいという方は、有料ですがこちらをどうぞ。

 

問題番号が「1」のように色を付けているものは重要という意味です。

1 1つ1つ吟味していけば良いと思います。

2 すだれを書かない方が良いと思います。

3 これも頑張ってすだれを書かない方が良いです。

4 2個ずつ書いていきます。

5 すだれで求めましょう。

6 最大公約数なので、3数でも2数と同様に求められます。

 

 (1)112の約数から5以下を除きます。(2)117と390の公約数を求めますが、最大公約数を求めるようにします。

 素数を2回かけた平方数が約数が3個になります。理由もしっかり理解しましょう。

3 (1)正方形に切り取るので、小さい正方形になることを確認します。96と160の最大公約数です。(2)縦に何枚、横に何枚切り取れるか求めます。

 168と432の公約数になります。最大公約数を求めるようにします。

 

1 約数が4個の数は、A×A×Aか、A×Bですが、この問題ならば、1つ1つ確かめても良いと思います。

2 (1)48と64と112の公約数になります。9人以上になるので、答えは1通りに決まります。わり算の式を書いてイメージすることをお勧めしています。

3 (1)立方体を積み重ねて直方体を作ったので、小さい立方体になることを確認します。90と165と75の最大公約数です。(2)縦に何個、横に何個、上に何段積まれているか求めます。

 すだれで解くようにします。A+B=120なので、下に書く2数の和は10になります。互いに素になるような組み合わせを書き出します。

 

 (1)16があるということは、1・2・4・8は必ずあります。2と5があるということは10もあります。これで小さい方から7番目まですべて決まります。(2)6番目の10と7番目の16をかけます。

2 差が28才なので、お兄さんの年令が、28才の約数のときです。線分図をかいて、めもりをふって、理解しましょう。

 あまりが等しいときは、差なら割れると考えます。差の76、57の公約数の19なら割れます。アは19です。この理由は、面積図だと理解しやすいです。線分図をかいて解く人が多いですが、線分図はよくよく考えますと役に立っていませんし、理由も理解しにくいです。

4 (1)ユークリッドの互除法です。1番小さい正方形の1辺は縦と横の最大公約数になりますが、新5年生ならば、作業で答えが出れば良いと思います。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ