デイリーサポート510-02の概要です。

概要だけでなく、算数教材塾・探求のスタイルの解き方をしっかり身につけたいという方は、有料ですがこちらをどうぞ。

 

問題番号が「1」のように色を付けているものは重要という意味です。

1 (1)ノーコメントで大丈夫だと思います。(2)円の面積や円周を求めて4で割ります。計算式に90/360と書かない方がいいと思います。まわりの長さは直線を足し忘れないように工夫するようにします。(3)円の面積や円周を求めて8で割ります。計算式に45/360と書かない方がいいと思います。(4)150度なので5/12です。計算式に150/360と書かない方がいいと思います。

2 (1)四分円から四分円をひきますが、円周率の計算は1回だけにします。(2)おうぎ形から半円をひきますが、円周率の計算は1回だけにします。

3 個人的には0.57倍で良いと思います。なぜか算数の講師で、それをおそろしく毛嫌いする人がいますが、それがダメだという論理的な理由を聞いたことがありません。円周率が3.14じゃないと使えないと鬼の首を取ったように語る人もいますが、0.57は「円周率÷2-1」と分かっていれば問題無しです。

 

 (1)四分円から正方形を引きます。正方形は、ひし形の面積の公式で求めます。(2)白い隙間があるときは、かなり高い確率でうめます。弓形の図形は移動することが多いです

2 3.14をまとめるようにして、直径24㎝の半円の弧と同じ長さになることを確認しましょう。

3 作図して、四分円が何個かを確認して1つ1つ求めます。もちろん円周率の計算は最後に1回です。

4 作図して、四分円が何個かを確認して1つ1つ求めます。(1)も(2)もそれぞれ円周率の計算は最後に1回です。

 

 (1)半径4㎝のおうぎ形から、直角二等辺三角形をひきます。直角二等辺三角形は1辺が分かっていたら、面積を求められます。(2)四分円から、2個の四分円と正方形を引く解き方が良いと思います。

2 (1)360度の4倍から四角形㋑の内角の和の360度を引きます。(2)円周3個分になります。

3 綱がかどに繋がれていませんが、作図をして、四分円が何個できるかを確認します。

 

1 台形の高さは5㎝と分かるので、台形の面積を求められます。台形からおうぎ形を引きます。

2 (1)半円の弧3個です。(2)ヒポクラテスの三日月を身につけて良いと思います。理由は、計算したら消えるからで良いです。(2)正方形の対角線をひいて、斜線部分を移す解き方をお勧めします。

3 正三角形の柵があるので、四分円だけとはなりませんが、作図して1つ1つ半径と中心角を考えます。この柵のまわりの長さは45mで、ひもは21mなので、右回りでも左回りでも届かない辺が3m分あることを確認すると良いと思います。