デイリーサピックス510-01の重点ポイント

デイリーサポート510-01の概要です。

概要だけでなく、算数教材塾・探求のスタイルの解き方をしっかり身につけたいという方は、有料ですがこちらをどうぞ。

 

問題番号が「1」のように色を付けているものは重要という意味です。

1 (1)対頂角を使いましょう。(2)三角形の内角の和は180度です。理由も言えると素晴らしいです。(3)二等辺三角形底角が等しいです。どこが底角でどこが頂角かを判断しましょう。

2 (1)長方形の公式で解きます。(2)台形の公式で解きます。(3)6.5㎝はダミーです。(4)正方形の面積の第二公式はひし形の公式です。

3 公式を覚えなくても、五角形をかいてみて、辺の数よりも、三角形は2個少ないことを編み出せば求められます。「覚えることは最小限」というのが美しい姿だと思います。覚えるつもりがなくても自然と覚えると思いますが。

4 (1)2方向から図形を見て、面積を2通りの方法で求めます。÷2を省略して、7.5×10=12.5×Xにします。

 

 解き方は何通りかありますが、(1)はアとイと平行で頂点を通る2本の線をひく方法、(2)はアとイに垂直で頂点を通る2本の線をひく方法を身につけると良いと思います。

2 (1)2つの台形に分けます。(2)変形して1つの三角形にします。(3)台形と直角三角形に分けます。

3 五角形なら1つの内角108度は覚えるべきですが、もっと大きな図形になったら、1つの外角を求めてから、内角を求めます。

4 高さを2㎝にして、甲と乙の面積を求めると良いです。

 

1 (1)2つの三角形に分けます。分け方を失敗したら、すぐにやり直しましょう。(2)白い三角形を変形します。

2 (1)道をL字型に変形して、4つの斜線部分を1つの長方形にします。(2)三角形を上に移して、1つの三角形に変形します。

3 (1)180度を求める式を2つ作り、○と×の和を求めます。(2)「二等辺三角形」と「三角形の外角の定理」を交互に使っていき、9度、18度、27度、36度を書き入れます。

4 (1)は高さを2㎝にしていいです。真ん中の図の左の面積が分かります。(2)下底BCが分かったら、右の図の左の面積が分かるので、台形の面積が分かります。

 

 三角形の外角の定理の式を2つ作ると、○3個と×3個の和が分かります。

2 (1)全体から白をひきます。白い部分は4つ集めると、正方形になります。(2)正方形の対角線をひいて、斜線部分を移す解き方をお勧めします。

3 (2)これだけやれば十分です(笑)1つの外角を求めてから、内角を求めましょう。

4 高さを2㎝にしてみます。アの面積が分かるので、イの底辺EFも分かります。アイの面積が分かるので、ウエの下底FCも分かります。FCが分かったら、エの本当の面積が分かるので、アかイの三角形を使って高さGFを求めます。このように、高さを決めていく感覚はとても重要です。C4と全く同じ問題と捉えられると良いと思います。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ