対話式算数第102話

小5対話式算数の最終回です。

志望校によってはこれで十分です。

小6対話式算数は練習問題をすべて閲覧できますので、必要なテーマだけ購入という形も可能です。

最終回の今週は推理と論理です。

前半は会話の問題で易しめですが、だんだん論理的な問題に移っていきます。

興味のある方はこちらにどうぞ

第102話:推理と論理の概要

102・1

会話から順位などを予想する問題です。

表を書いて解くことを推奨しています。

嘘つきがいるときは大変ですが、すぐに矛盾点が見つからない場合は、○が嘘つきだったらというように1つずつ表を書いていきます。

102・2

投票の問題です。

簡単な問題は公式化する人がいますが、理由を言葉で言えることが大切です。

102・3

102・2の応用にあたる、中間発表されている問題です。

考え方は2通りありますが、タイサンでは、残りの票に注目せずに、落選した人を除外して、平らに均す方法で解くことをお勧めしています。

102・4

トーナメント戦とリーグ戦です。

最近、トーナメント戦やリーグ戦をあまり知らない子が増えている気がします。

ご家庭でのフォローもあると良いと思います。

トーナメント戦は1試合行うごとに1チーム消え去ると考えていくだけですが、リーグ戦は考え方がいくつか考え方があります。

タイサンでは、全チームの試合数の合計を出すようにしています。

102・5

ラストは魔方陣です。

楽しく解くのはお終いで、ここではテクニックで解くことをお勧めしています。

練習問題

番号講評
1A1~5位とA~Eの5人で5×5の表を書きます。可能性のなくなったものに×を書くことがポイントです。
2A厄介な嘘つきがいますが、嘘つきが誰か決まっているので、それほど難しくないと思います。
3B(2)は嘘つきが分からないので、誰が嘘つきか一人ずつ確かめます。できるだけ素速く成り立つか判断するようにしましょう。
4リーグ戦の表を書きます。
5A 6人で接戦だったことを考え、6で割ります。
6CDをこれ以上の得票はないものとして、A~Cの3人が接戦だったとして考えます。
7C落選決定のCとEをこれ以上の得票はないものとして、4人が接戦だとして考えます。
8A高校野球の問題です。興味があれば簡単に分かる問題だと思います。公式化しないようにします。
9リーグ戦とトーナメント戦のミックス問題です。それぞれ正しく考えましょう。
10A等差数列の性質を利用して真ん中を求めます。
11C真ん中の数は等差数列の性質ですぐに分かりますが、あとは輪差算を利用する少々解きにくい問題です。

※「難」は難度は以下の基準です。
A:確実に解けるようにしたい問題
B:サピックス偏差値50以上を目指す人向けの問題
C:サピックス偏差値60以上を目指す人向けの問題
D:特に難しい問題

※「要」は重要度で以下の基準です(B・C・Dのみ表記)。
ゼ:絶対に解けるようにしたい重要な問題
テ:よく出る典型題
ヒ:捻りのある問題
サ:地道な作業が必要な問題