対話式算数第101話

第101話です。

来週でラストです。

先週から数系の問題で、今週はN進法です。

N進法はあまり早い時期に学習しますと、覚える算数になりがちです。

ほぼ全単元を学習した5年生終盤に学習した方が、理解を伴って身につけていきやすいと思います。

興味のある方はこちらにどうぞ

第101話:N進法の概要

101・1

位取りの問題です。

お金で考えるようにしていますので、N進法は意識しないと思います。

教養の話も入れています。

101・2

N進法になっている図形の問題です。

図のときは、機械的に身につけずに、この位置はいくつを表すというように考えていきます。

101・3

いよいよN進法の数列です。

2桁や3桁や4桁の数も101・2と同じように考えて行くことが理想です。

101・4

N進法を他の進法に変換する問題です。

101・3が十分身についたことを前提に、比較的、機械的に進めていきます。

101・5

使える数字だけを小さい順に並べていく問題です。

変則N進法と呼ばれています。

6年生向けですが、理解できたら、身につけましょう。

解き方を覚えるのではなく、できるだけ手作業をして実感していくことがポイントです。

練習問題

番号講評
1A○が1円玉という感覚で考えます。
2A設定はお金ではありませんが、犬を1円と考えます。
3A各場所がいくつを表すかを考えます。
4A3番とほぼ同じ問題です。
5A 3・4番は二進法に関する図形の問題でしたが、これは三進法です。
6B3~5番と形は異なりますが、本質はまったく同じ問題です。
7AN進法に慣れるための書き出す問題です。
8B二進法を十進法に、十進法を二進法に直します。
9B三進法を十進法に、十進法を三進法に直します。
10Bいったん十進法に直してから、六進法に変えます。
11B十進法に直してからたしてもいいですが、三進法のままたすことも可能です。
12Cテ 3つの数字が使えないので、七進法で考えます。
13Cテ 2つの数字が使えないので、八進法で考えます。

※「難」は難度は以下の基準です。
A:確実に解けるようにしたい問題
B:サピックス偏差値50以上を目指す人向けの問題
C:サピックス偏差値60以上を目指す人向けの問題
D:特に難しい問題

※「要」は重要度で以下の基準です(B・C・Dのみ表記)。
ゼ:絶対に解けるようにしたい重要な問題
テ:よく出る典型題
ヒ:捻りのある問題
サ:地道な作業が必要な問題