予習シリーズだけで深く理解できていますか?

保護者様と会話やラインやメールでやりとりをしていますと、予習シリーズは、サピックスに比べて解説が丁寧だから、自力で理解できると思われている方が多いです。

確かに予習シリーズはサピックスに比べれば、解説は丁寧です。

しかし、塾講師が伝達する情報量に比べて、比べ物にならないくらい貧素です。

予習シリーズを見ながら、そのまま説明している講師がいたら、プロ講師としては失格です。

学生バイト講師ならば、嘘は言っていないという理由で及第点です。

 

予習シリーズを使う塾講師に、予習シリーズは解説がひどいけど、いいの?と聞くことが何回かありましたが、100%「自分が教えるから大丈夫」と返ってきます。

良い塾講師は教材やその解説には期待せずに、題材さえあれば、それでいいと考えているようです。

 

予習シリーズの解説はスタンダードで王道で、これで身につかなければ、我が子の能力が足りなかった

こう考えてしまいますと、大きく間違えています。

塾では、予習シリーズは使い物にならないとして、各講師が工夫して教えます。

その使い物にならないものを頑張って取り組むことで、我が子の判断をするのは酷ではないでしょうか?

 

予習シリーズはどの問題を見ても、こう解きますの一点です。

どうしてこう解くのかという記述を見たことがありません。

最近、私はそれを結果論の解説と呼んでいますが、結果論の解説では、わかった気になりやすいけど、実際はわかっていないと思います。

もう少しわかりやすい言葉にすると、どうしてこの解法を使うかの記述がないため、似たような問題を解くときに、この解法を使って良いか、判断する力が育たないということになります

問題を読んで、その解法を思いつくかどうかがとても大事ですが、結果論の解説では、思いつくノウハウは身につきません。

 

予習シリーズは普通の問題集で、その類題などは、週テストや演習問題集で、豊富に練習できる教材と考えれば、とても優れています。

予習シリーズで理解できると考えなければ、とてもいい教材です。

 

そこで、理解してもらうための教材を書くことにしました。

塾講師が解説をあてにせずに、自分で教えれば問題ないという意気込みと同じで、この解説書をしっかり読んでいけば理解できて、その後、豊富な類題の演習をすることにより、学力を高めていくことが可能です。

予習シリーズの解説で十分と思える問題もありますが、そういうものは1割以下で、平均すると、この3倍くらいの文量で解説しないと理解できないと思います。

 

ところで、どうして予習シリーズをはじめとして塾教材は不親切か、ご存知でしょうか?

これは、直接そのままの言葉を誰からも聞いたことがないですが、ほぼ当たっていますが、こうやって解くという雁字搦めの解説を作ってしまうと、講師が仕事が面白くなくて辞めてしまうからです。

良い講師ほど自分のワールドを持っていて、それをズカズカと土足で踏み込まれるのを嫌がるからです。

良い講師を手放さないず戦力として確保するために、解説は使い物にならないものを発行していると言っても、「それが違う」と否定されることはないはずです。

 

そんな解説はけしからん!と意気込んでも意味がありません。

ヤフコメのようにただ騒いでいるだけでは解決にはなりません。

解決するためには、塾の授業で吸収力を上げるか、家庭教師を雇ってどっぷり浸かるか、しっかり理解できる解説書を入手するかのいずれかです

コストがかからず、容易にできるのは、良い解説書を入手することだと思います。

 

良い解説書を書くことは、多くの講師は可能です。

私だけが天から授かった才能があるわけではありません。

しかし、立場上、それができないわけです。

私にとっては、理解しやすい普通の解説書を書いているつもりですが、結果的に希少性のある解説書になっています。

 

受験勉強は競争ですので、少しでも役に立つものがありましたら、それをこっそり使ってライバルに勝つことが大切です。

誤解の無いように書きたいところですが、優秀な生徒さんの保護者様は、結構したたかな面のある方が多いです。

だからこそ、お子様は優秀なんだろうなと合点がいくことが多いです。

条件を同じにして勝負したいというお考えならば、それを尊重しますが、まわりは関係なく、我が子が理解できる解説書を入手したいと思われました方は、是非、当サイトの解説書をご利用ください。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください