2021年度のスカイプ指導生をまだまだ募集しています

表題の通り、スカイプ指導の募集を行っております。

2020年度より、固定枠と自由枠という名称で指導を行っておりますが、2021年度は、より明確にシステムをつくってまいります。

まず、固定枠は前金制とさせていただきます。

大変申し上げにくいことですが、2020年度はコロナの影響か、スカイプ指導の希望者が増えましたが、悪質な方もいらっしゃいました。

前月16日以降から前月の月末までに指導料をお振込いただく形を取らせていただきます。

お辞めになる場合は、精算し返金いたします。

 

自由枠と固定枠で、指導料に差をつけております。

固定枠は1回1時間の指導で、1週間1回の場合、1か月24000円となります。

自由枠は1時間指導のみで1回7000円です。

自由枠は、平日の17時前と、土曜日の午前中となります。

 

以上が事務的なご連絡で、ここから指導についてです。

毎年、上手くいった点、反省すべき点があります。

自分の指導が、首都圏屈指などと思うこともありません。

できる限り合格に向けて何ができるかを考え、実行しているのみです。

 

2020年度の反省点としましては、1週間1時間の指導ではなかなか学力が上がりにくいというものがありました。

現状維持ならば週1回で良いですが、相対的に成績を上げるためには、ご家庭できちんと取り組んでいたり、塾の担当講師に恵まれていない限り、週1回60分の指導体制でぐんぐん学力を伸ばすというのは難しいです。

 

例えば、対面家庭教師は1回に2時間指導というケースが多いですが、そうしますと、プロ家庭教師では、1か月に7~10万円くらいかかると思います。

スカイプ指導の月額制では、60分の指導を週2回で1か月48000円、60分の指導を週3回で1か月72000円です。

週2回でも、おそらくほとんどのプロ家庭教師の学習効果に負けないと思いますし、週3回で対面プロ家庭教師と同額のコストをかけましたら、120分週1回に、60分週3回が負けるはずがないと思います。

プロ家庭教師を投入して起死回生と考えられています方は、スカイプ指導を週3回受講する作戦はいかがでしょうか。

目安としましては、学力を維持したい、緩やかに上げたい、お子様の力に賭けたい場合は週1回、相対的に成績を伸ばしたい場合は週2回、どんな手を使ってでも成績を上げたい場合は、プロ家庭教師を雇う予算で週3回、MAXに学力を上げたい場合は週4回とお考え願います。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください