予習シリーズ5年下第1回重点ポイント

予習シリーズ5年下の必修例題や応用例題の解説を書いていますが、基本問題や練習問題については触れていません。

重要度の高い問題について一言コメントを伝えられたらと思い、ブログを書いてまいります。

重要度と難度の散布図を載せておきますので、ご参考になる場合はご利用願います。

参考になったと思われる方は、お手数をおかけしますが、下のにほんブログ村のバナーボタンのクリックをお願いいたします。

必修例題の重点ポイントは、ブログでは割愛させていただきます。

必修例題の解説はこちら

 

基本問題

1

(1)分数は通分をした方がイメージしやすいと思います。帯分数は仮分数にしてから通分します。

(2)単位を決めて、イメージすることが大切だと思います。

(3)暗算でもできるレベルですが、整えて書くといいです。

(4)いくつで割って約分したかを考えると、すぐにできますが、他の問題と同じような書き方をした方がいいと思います。

(6)連比の書き方でいいです。Bは5×3ではなく、5と3の最小公倍数ということを意識しましょう。

 

2 5本と2本で計算してみましょう。

 

4 連比の書き方にします。兄は8×2ではなくて、8と2の最小公倍数の8にします。

 

練習問題

1 (2)同じ金額と見たら、ピンとこなくてはいけません。差は420円のままです。

 

2 25%多いというのを、5/4とすぐに分数で考えられると良いと思います。

 

3 昨年の男女を2と3にして小数で解いてもいいですがで、昨年の男女を20と30にして整数で計算していき、2×2の表を埋めていくことをお勧めしています。

 

4 初めのトンボを④+8、初めのチョウを⑤にすることができます。比をそろえる必要はありませんが、やや高度な問題です。

 

5 50円玉と700円、100円玉を800円と、具体的な金額に決めていくと、イメージできて解きやすいと思います。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください