対話式スカイプ2020の応募状況

何回も書いていますが、2020年から、スカイプ指導を減らそうと考えています。

1週間のコマ数を19コマとし、原則としてお一人様2コマまでということで、10~19人の募集となります。

 

思ったよりも1コマの方が多く、現在の空きは水曜日1コマ、木曜日2コマ、金曜日1コマ、土曜日午前2コマで、あと6コマです。

とは言いましても、現在商談中が数件ありますので、成約に至らない場合は、もう少し空きが出ます。

また、枠外の指導が4件ありますので、19コマにこだわりますと、あと2コマということもありえます。

中学への算数専用指導を重視したいと考えておりますので、5年生以下の募集は前回の宣言通り1月31日までとします。

それ以降は空きが出ましても、「中学への算数専用指導」「紹介のある方」「算数教材塾探求・会員様で対話式算数を1年分以上学習した方」のいずれかの該当者のみお受けいたします。

 

2020年度は、指導後に、保護者様と10分程度のお話の時間を設けますので、そこで、現在の問題点、何をすれば良いかを頻繁にお伝えし、学力向上に向けてのこれからの道筋をイメージできるようにお伝えいたします。

出来るか出来ないかは別として、何をすれば学力が上がるのかを掴んでいた方が良いに決まっています。

そのサービスを充実させます。

この先生に教わっているから、なんとかなるだろうという、印象だけでの判断はお断りいたします。

 

家庭教師や塾講師などが「お子様をよく知っている塾に相談しましょう」と言っているのを目にしますが、私は、そういうことをほとんど言ったことがありません。

学力を上げるための学習法のレパートリーがどれくらいあるかで、相談する価値が決まるからです。

塾に相談しても解決しなかったという声をあまりにもたくさん聞きます。

対話式スカイプのご相談では、塾の面談にありがちな「こんなありきたりのアドバイスしか出来ないのか?」と思われることはないと宣言いたします。

これを実行できれば大丈夫という期待感を持って、お子様を支えて欲しいと思っております。

ご検討の程よろしくお願いいたします。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください