対話式算数第35話:表面積

4年生の立体図形の中では最難関の表面積です。

どうして最難関かと申しますと、計算量が多いからです。

根気よくがんばって欲しいです。

 

今週の概要

第35話 表面積

 

35・1

表面積にどうして底の面も含めるのか軽く触れています。

決まりだからではダメだと思います。

立方体の表面積は1面の6倍でいいですが、直方体の表面積は「前上右」の面積の和を求めて2倍して6方向の面積の和(表面積)を求めます。

 

35・2

複合立体図形の表面積です。

複合立体図形は、前後左右上下の6方向から見える面積の和ですが、色分けをしっかりして分かりやすくしています。

カラー化は売りのひとつです。

 

35・3

35・2とほぼ同じ内容ですが、小立方体でできた立体です。

解き方は35・2と同じ前後左右上下の6方向から見える面積の和です。

 

35・4

サイコロの表面の和は、21×〈サイコロの個数〉から隠れている面をひいています。

サイコロは5面見えるサイコロです。

通塾しないとこういうテクニックが身につかないかもしれませんが、タイサンでは手抜かりありません。

 

35・5

ラストのテーマは6方向では見えない面のある立体です。

4年生でこれがしっかり身につけば立派なものです。

先送りでも良いと思います。

 

練習問題

番号 講評
1 1面の面積を求めて6倍します。
2 A 前後左右上下で考えましょう。
3 A 1面の面積を求めて、1辺の長さを求めましょう。
4 A 前後左右上下で考えます。
5 A 前後左右上下で考えます。
6 前後左右上下で考えます。
7 B サイコロ2個の目の和から、隠れている面の目をひきます。
8 B サイコロ3個の目の和から、隠れている面の目をひきます。
9 隠れている目を慎重に考えましょう。
10 B 前後左右上下からは見えない面も考えます。
11 B 前後左右上下からは見えない面が4面あります。

※「難」は難度は以下の基準です。
A:確実に解けるようにしたい問題
B:サピックス偏差値50以上を目指す人向けの問題
C:サピックス偏差値60以上を目指す人向けの問題
D:特に難しい問題

※「要」は重要度で以下の基準です(B・C・Dのみ表記)。
ジ:基本骨格となる重要な問題
テ:よく出る典型題
ヒ:捻りのある問題