6月から新しいことを始めます

2012年から教材を作り始め、いつかは完璧なラインナップになり、そうしたら、やることがなくなると思っていました。

しかし、教材は、より効果的なものを用意して、改訂も積極的に行うというように、新作とバージョンアップを続けていくと、終わりがないような気がします。

次々と新しいことを考えては、それの制作にとりかかったり、計画途中で頓挫したりということを繰り返しています。

やることがなくなるときは、永遠にこないような気がしてきています。

そんな中でこの6月から新しい企画を立ち上げます。

 

私は、塾講師時代、進学説明会は比較的得意にしていました。

決して話術があるわけでは無いのですが、独特な成績資料をつくり、その資料から読み取れること、改善ポイントの見つけ方など、資料をベースに話していきましたが、お役に立っていたと思います(あくまでも希望的観測ですが)。

 

しかし、一般的に塾の進学説明会というと、弁士の一方通行な理想論を掲げるような話になります。

聞いている保護者は、そのときは「よし!これで行こう!」とテンションは上がると思いますが、数日経つとあまり残らないということになりがちだと思います。

どうして、保護者会はそうなるのでしょうか?

その答えは簡単で、進学説明会は塾側の宣伝だからです。

この塾に通っていたら良いことがありそうと感じてもらうことや、信頼してもらうことが目的だからです。

そのため、「先生の話す通りのことができないから困っているのに…」というやりきれない思いが蓄積していくわけです。

塾の進学説明会の感想で「先生がやれとしか言わないのが不満」という声も良く聞きます。

 

そこで、新しい進学説明会を開催したいと思っています。

新しいというのは、決して一般的な塾の進学説明会のように鼓舞することなく、普通の会話のように、成績上位の子から下位の子までの視線にそれぞれ合わせて語るような説明会です。

説明会というよりも、普段の会話です。

塾講師同士の会話で、中学受験を考慮したら、この夏、どこか旅行に行くとしたらどこが良い?とか、スーパーに買い物に行ったときにどこに注目したら良い?とか、テレビ番組でいま最も見る価値があるものはどれ?とか、そういう話になることがありますが、そういう会話なども提供したいと考えています。

算数についての話ももちろんします。

宣伝めいた話にならないようにし、それができなければ、これをやって、これもできなければ、あれをやってというように、そこまでセーフティネットを用意すれば良いのかと思ってもらえるような内容にしたいと思っています。

 

会話といいましたが、私1人で語るわけではありません。

私と現役塾講師の2人で語り合います。

スカイプの通話で語り合うところを録音して、それを公開するという形になります。

スカイプに音声録音機能はありませんが、いろいろ探し求め、「Audacity」に「アマミキ!」と「NETDUETTO」を使って、通話の音声ファイルを作ります。

 

心がけるのは、決して信頼感を得ようとか、鼓舞しようとか、勧誘しようという欲を出さずに、保護者にとって有益な情報を話すことに傾注します。

中学受験をする小3~6年生が対象で、回によってターゲットを決めて話します。

ゆるい雰囲気を目指しますが、それは始まってみないと何ともいえません。

 

音声ファイルという形の提供になりますが、仮想ラジオ番組というつもりで行います。

ラジオ番組はたいてい音楽をかけますが、それはしません。

しかしリクエストは受け付けます。

Twitterのアカウントを作りますので、そこに質問内容を書き込んでくださりましたら、スカイプの会話のときに、それを読み上げて回答したり、それを元に会話していきます。

掲示板的な要素もあります。

皆様といっしょに番組を作っていきたいと思っています。

 

音声ファイルの公開は、週2日で、各15分にしたいと思っていますが、やっていくうちに変更する可能性もあります。

無料で公開となると、何が狙いか?となり、話に営業色が滲み出てくる可能性が高くなります。

塾の無料進学説明会と同じになりそうです。

スマホのちょっと高めのアプリと同じくらいの1ヶ月500円+税くらいが妥当かと思っています。

料金の支払いはPayPalを考えています。

 

まだ、計画を練っている最中で流動的ですので、この件に関しまして、ご意見、ご質問がございましたら、お気軽にコメントしてください。

できるだけ、いろいろな要素を取り入れていきたいと思います。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください