サピックスの数値替え演習の欠点

サピックスは、他の塾に比べて数値替えの演習が多いです。

私はそれはサピックスの長所の1つで、優れたシステムの1つだと考えています。

他の塾も積極的に取り入れればいいのにと思うほどです。

 

ちなみに私は前職で、数値替え問題を取り入れ、大きな成果を出したと思っています。

私が退職した後も数年は浅野中学の合格者数がとても多かったのは、その数値替え文化を踏襲したからといってもいいのではないでしょうか。

 

しかし、その数値替えの演習にも短所があります。

ものごと、長所ばかりということはなく、長所の隣り合わせとなって短所が存在しています。

 

算数の講師をしていますと、「その問題を解けるようになって欲しい」というよりも、「その問題でその単元を理解して欲しい」という想いがあります。

だからこそ、授業をすると、いろいろ話を広げていくわけです。

仮に、その問題が解けるようにならなかったとしても、その周辺のことが理解できていたら、成長に繋がります。

この問題はこの式で、ここにはこの数字が入り、…とやっていく勉強にはまるで価値がありません。

それで良い点数を取っても、なにか良いことある?とつい意地悪く問い詰めたくなる心境になります。

 

数値替えの演習というのは、その悪い学習が習慣化される可能性が高まります。

理解しなくても、数値が替わっているだけの問題なので、解き方をマニュアル化すれば解けます。

デイリーチェックテストも良い点数が取れることでしょう。

その調子で6年生夏まで行ったら、その後はどうなるでしょうか?

 

信頼している塾講師とチャットで会話することが多いのですが、ある講師Aは、難関中に強い中規模塾で働いていて、サピックスからの転塾がとても多いとよく言います。

賢いけど、浅い学習になってしまっているので、まず、学習の仕方をしっかり教えないといけないと嘆いています。

算数に限らず、数値替え学習の悪い学習が染みついてしまった結果だと思います。

 

家庭教師は、サピックス生からの依頼が最も多いという人が多いですが、それは熱心なご家庭の率が高いという面ももちろんありますが、やってもやっても成績が下がるか変わらないからという理由も多そうです。

やってもやっても下がるというのは、学習の質が低いからです。

解ければ良い!解けたから良い!ということに一目散になり、数値替えの演習が逆効果になっているのです。

 

この状況を変えるのは簡単です。

まず授業で講師の話をよく聴き、内容をしっかり理解することです。

そうすれば浅い学習になることはありません。

塾の授業では繋がりを重視した説明がされていると思いますので、それをしっかり理解すればいろいろなことが繋がり奥深くなるというわけです。

しかし、サピックス講師は面白い授業をする講師が多いので、その面白い部分に目がいき、肝心の部分を吸収しきれない子が多いのではないかと思います。

 

授業をすると、集中力の持続のため、ときどきCMタイムのようなちょっとした雑談を入れますが、雑談になると目を輝かす生徒さんがいます。

そういうタイプの子は、授業は面白い!と言いますが、深い学習になっていきません。

 

算数の場合は、面白い云々以前の問題で、話が理解できない場合があります。

部分的には理解できても、繋がり部分を聞き逃したり、理解できなかったりすると、答えが出れば良いという姿勢になってしまいます。

 

重要なことは、授業内容を聞き逃さず、しっかり理解することです。

それがすべてです。

そこで、お勧めしたいのが、サピックスの算数のB授業を再現した解説書の対話式算数Sです。

最近、いろいろな塾や個別指導や家庭教師のHPを見ていますが、思いの外、教材を販売しているところが多いです。

「授業を再現した教材」というキャッチコピーも見ましたが、板書のような解説を書くだけでは授業の再現にはなりません。

同じ言葉で表現することが必須です。

対話式か語り式でない限り、授業を再現した教材にはなりません。

 

対話式算数Sは5年生用は対話式、6年生用は語り式です。

勉強時間以外じゃなくてもソファーなどでリラックスして読むだけでも、授業内容が理解できます。

読書でも漫画でも繰り返し読むほど、以前読み落としていた細かい描写まで読み取れると思います。

対話式算数Sもまさにそれが言えます。

漫画などは読み落としても大きな問題はありませんが、授業内容は、その読み落としが、理解を妨げています。

新学年が始まってまだ2週間ほどですが、お子様に対しもう少し深く理解して欲しいとお感じの方は、ぜひ、対話式算数Sのご購入をご検討ください。

対話式算数Sはこちら

 

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください