対話式算数第26話:つるかめ算1

特殊算の第2週目は、ミスター算数の「つるかめ算」です。

 

対話式算数はスタンダードなつるかめ算は面積図です。

弁償するような問題は、表を利用して規則性にします。

後半はつるかめ算の応用も入れています。

先週から特殊算に入っていて、その2週目ですが、4年生の全50話から考えると、先週で25話の前半が終了し、今週は後半のスタートです。

後半スタートに伴って、シロ君が衣替えです。

今回の画像は、衣替えのあとのシロ君のシャツです。

興味のある方はこちらにどうぞ

対話式算数とは

小4対話式算数

 

 

第26話:つるかめ算①の概要

 

26・1

まずは、あてはめでつるかめ算の問題を解きます。

算数は、分からないときは当てはめという姿勢が大切で、こういう教材で、そのような姿勢が身につくことを願っています。

つるとかめの長寿の話をしています。

つるとクマは同じくらいの寿命なのに、どうして「クマ」じゃなくて「つる」と「かめ」なのかということで茶くま君がややムッとしています。

面積図はていねいに説明しています。

文字の色を分けをし、図と式で色が一致するように工夫しています。

 

26・2

26・1はつるとかめの足の本数の問題でしたが、ここでは値段の問題です。

かけ算ができるときはつるかめ算になりますので、設定が違ってもつるかめ算でできることを理解して欲しいです。

 

26・3

弁償系の問題は表でやることにしています。

規則性の問題と強調しています。

 

26・4

3種類の動物が出てきますが、1種類を除外して2種類に変えます。

イカとタコの数え方の話をしています。

 

26・5

最終テーマはジャンケンの問題ですが、4年生にしてはハイレベルです。

メインはつるかめ算で説明していますが、別解として和差算でも説明しています。

和差算の方が身につきやすいと思います。

 

練習問題

問題番号 講評
1 基本です。面積図で解きましょう。
2 基本です。面積図で解きましょう。
3 値段の問題もつるかめ算で解けます。面積図で解きましょう。
4 使った金額を面積にします。
5 面積を5000円にしますが、5000円より少なくなってもいいです。
6 弁償系の問題です。表を書いて規則性を考えましょう。
7 6番と設定は違いますが、同じ仕組みの問題ですね。
8 初め、手元に100個ありますが、それを正しく考えましょう。
9 2点の問題を取り除いたときの正解数と得点を求めましょう。
10 十の位から10円玉の枚数を決定できます。数の性質の要素もある良問です。
11 ジャンケンの回数の求め方を理解しましょう。つるかめ算の面積図でも和差算でも良いです。
12 負けると反対方向に進むので、和差算の方が解きやすいと思います。
13 ジャンケンの回数を求めるところが最大のポイントです。プラスとマイナスのたし算ではありますが、ルールではなくイメージで理解して欲しいです。

※難度の★がついているものは、難しめなので、先送りでもいいです

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です