予習シリーズ5年上第11回でしっかり身につけること

必修例題1

体積は、どこを底面にするのかを決めましょう。

表面積は、6面それぞれを求めましょう。

 

必修例題2

体積は、先に半径と半径と高さをかけましょう。

表面積は、底面積2つと側面積を合わせます。

 

必修例題3

形を見抜くことがポイントです。

見取り図をかきましょう。

 

必修例題4

「中心角/360=底面の半径/母線」の公式と、円すいの側面積の公式を身につけましょう。

 

応用例題1

体積は、円柱から円すいをひくだけです。

3.14でまとめてスマートに求めましょう。

表面積は難度が高いですが粘り強く取り組みましょう。

 

基本問題と練習問題

基本問題で特に重要な標準問題→2

練習問題で特に重要な標準問題→1

練習問題で特に重要な応用問題→3

 

まとめ

四角形の展開図の問題は見取り図にする力が必要です。

どこを底面にするといいのかという目で展開図を見ましょう。

円すいや円柱は計算力がものをいいます。

たくさん書けば書くほど混乱するので、整えてスマートな書き方を目指すことがポイントです。

円すいの2つの公式は確実に身につけましょう。

回転体は今回は軽く扱う程度で良いと思います。

比を学習してからが勝負です。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください