日能研ステージⅢ第27回でしっかり身につけること

第27回「四則混合逆算」です。

簡単にいうと逆算です。

 

本科教室

学びのとびらは分かりやすく説明が書いてありますが、5年生にしては易しすぎのような気がします。

4年生では、逆算を使わずにできる問題ばかりだったのでしょうか?

○数字のやり方は悪くはありませんが、対話式算数で扱っているトーナメントにした方がやりやすいと思います。

1~2は頑張りましょう。

3は突然レベルが高すぎませんか?

計算力に応じてやればいいと思います。

分数や小数の逆算が初めての人はすべて飛ばしでもいいような気もします。

4は(3)まででいいと思います。

5・6は頑張りましょう。

7は6の応用です。

算数に自信のある人はやりましょう。

8はじっくり考えるといいでしょう。

 

オプション理解

2はやってもいいでしょう。

3は考えるのが好きな子は取り組んでみましょう。

 

オプション活用

2・3は頑張りましょう。

4は計算に慣れている人だけでいいでしょう。

5は頑張りましょう。

6は先送りでいいです。

7は良い問題です。

あてはめて軽く工夫して計算します。

7は優秀な子はしっかり取り組みましょう。

8は避けておきましょう。

9は自信がある子は取り組み、その経験を引き出しにしまっておきましょう。

10は頑張りましょう。

11は22年前の問題のようです。

(1)は戦略を口頭で言えるようにはっきりとさせましょう。

(2)(3)は算数が得意な人にとっては易しいでしょう。

12は典型題で、初見では厳しいと思います。

教わってから解いてもいい問題だと思います。

 

オプション説明

1~4は不要です。

5は、5年生のこの時期には厳しいような気がします。

教わってから解くような問題ではありません。

 

栄冠への道

本科教室の導入よりも見やすく分かりやすくなっています。

 

問題研究

1は(3)まででいいでしょう。

2~4は頑張りましょう。

段々レベルが上がるので、難しいと感じるところまで取り組みましょう。

5は、20倍して不定方程式です。

テクニックで解く問題ですね。

6は数の扱いが慣れている人は取り組むといいでしょう。

 

ご意見・ご感想・ご要望がありましたら、コメントをお願いいたします。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください