予習シリーズ5年上第8回でしっかり身につけること

必修例題1

売買損益算は式で身につけるのが最も効果的だと思います。

かけ算の式で、場合によっては逆算にします。

右に線分図がかいてありますが、基本的に線分図をかかない解き方が良いと思います。

最初の導入ではイメージをつかむために、線分図で、めもりなどをつけながら説明するのはありです。

 

必修例題2

これもまた、線分図はなくていいです。

(2)なら、400×□=260円

□=260÷400=0.65

6割5分で売ったということは~

→3割5分引だ!

こういう流れが良いと思います。

 

必修例題3

1.4倍と0.9倍をします。

普通の子は1.3倍にします。

線分図でそれではいけない理由を説明すると良いと思います。

この線分図が必要な問題に限って、予習シリーズに線分図が載っていないのが不思議です。

 

必修例題4

仕入れ値を①にする、売買損益算で最も重要な基礎の問題です。

 

必修例題5

突然、定価を①にする問題です。

この問題だけは線分図が大活躍します。

応用例題にしてもいいくらいです。

 

必修例題6

個数のある売買損益算です。

詰め込みますね。

対話式算数は、個数のない問題と個数のある問題を分け、3週間に分散していますが、予習シリーズは1週なんですね。

個数のある問題は、表のように書いていくと良いと思います。

 

応用例題1

もし、腐っていた12個が売れていたら、と考えます。

算数らしい考え方です。

売上が900円増えるので、利益も900円増えるというところがポイントです。

「売上増=利益増」ということです。

 

応用例題2

つるかめ算の登場です。

詰め込みますね。

四谷大塚では、面積図無しですね。

講師は面積図で教えていないのでしょうか?

 

基本問題と練習問題

基本問題で特に重要な標準問題→4

練習問題で特に重要な標準問題→1なし

練習問題で特に重要な応用問題→3・5

 

まとめ

売買損益算を1週間で終わらせるので、かなり大変です。

今週が終わったら「売買損益算は終了」とはせずに、今後、数週間、問題演習をしたほうが良いでしょう。

売買損益算は解き方の上手さが得点力に直結します。

上手い解き方を教えてくれる講師もいれば、そうでない講師もいます。

なかなか売買損益算が身につかないという場合は、解ける解き方を教わっていない可能性が高いです。

売買損益算は、難しい単元ではなく、解き方によって得点力に差が出る単元と考えると良いと思います。

 

ご意見・ご感想・ご要望がありましたら、コメントをお願いいたします。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください