予習シリーズ5年上第3回でしっかり身につけること

必修例題1

平行四辺形の面積です。

変形したら長方形になることを理解しましょう。

「長方形と同じ公式だけど、言葉が違う」と捉えましょう。

 

必修例題2

逆算です。

式を立てて逆算で解くと良いと思います。

解説では図を利用しているので分かりにくいような気がします。

 

必修例題3

公式は覚えずに、五角形を描いて、五角形には三角形が3個できるから、七角形は三角形が5個できて180×5=900度と解くと良いと思います。

 

必修例題4

内角の和から求める方法と、外角から求める方法の両方で確認したいです。

きれいな図を描いて、直角と45度からできていると考えることも大切です。

 

応用例題1

解説のように外角を利用する手もありますね。

汎用性があまりないのが欠点の解き方ですが。

 

必修例題5

これも内角の和と同様に公式を覚えずに、五角形を描いて、1つの頂点から2本対角線がひけることを確認し、七角形ならば1つの頂点から4本ひけるので、4×7÷2=14本と求めるといいと思います。

式だけ覚えても応用が利かないという典型的な例です。

 

必修例題6

三角定規の三角形の問題です。

特に重要です。

底辺と高さを目立つように色ペンでなぞると良いと思います。

 

応用例題2

5年生でこのレベルは難しいと思いますが、身につけられたら身につけましょう。

いつかは身につける問題です。

仕組みが理解できないと意味がないので、難しそうならば先送りでいいです。

 

基本問題で特に重要な標準問題→2・3

練習問題で特に重要な標準問題→4

練習問題で特に重要な応用問題→5

 

まとめ

今回の問題はパッと見て分かるシンプルな問題ばかりだったので、この知識を利用する問題をいろいろ解くと良いと思います。

今回の中で特にしっかり身につけたいのが、「多角形と角度」、「多角形の対角線の本数」、「30度の角のある三角形」、「直角二等辺三角形の面積」です。

角度はこの範囲ならばそれほど応用はないので、予習シリーズの問題ができれば良いです。

30度の三角形の解き方は、150度の三角形にも使えます。

30や150(15の場合もあり)という数字を見たら、この解き方を思い出すことが大切です。

直角二等辺三角形は、1辺が分かれば面積が求められます。

どこを底辺にするかが重要なので、色ペンで底辺をはっきりさせると良いと思います。

 

ご意見・ご感想・ご要望がありましたら、コメントをお願いいたします。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください