数学よりも算数の方が将来役に立つ?

タイトルはなかなか衝撃的なものですが、今回のブログはこれについての考察ではありません。

どちらかというと教材の宣伝です。

 

算数が得意な人は大抵数学も得意になりますが、

イメージの算数、計算処理の数学と考えたとき、将来役に立つのはイメージということでしょうか?

「?」などと付けたのは、私の意見ではなく、ダイヤモンドオンラインのコラムで見たからです。

 

それによると、数学はXと置くけど、算数は数字を決めて(定量化と書いてありました)解くからそれがビジネスに役立つらしいです。

ビジネスでは未知数をXなんて置く機会はないけど、

説得力を増すために「世界がもし100人の村だったら」というたとえを使ったりすることはあるそうです。

その定量化のセンスを身につけるために算数が必要とのことです。

 

少し突っ込ませていただくと、コラムでは1と置くことを定量化としていましたが、

算数で定量化というのなら、最小公倍数を利用するはずですが、執筆者は算数専門の人ではないと思うので仕方がありません。

1と置くのもXと置くのと違いがほとんどありませんし。

今回は「算数は将来役に立つ」という部分だけ使わせていただきます。

 

3月21日のブログでも紹介させていただきました「もっとも深く学べる算数」の話になります。

当初は、数学ではあまり必要としない内容は省こうと思っていましたが、

算数の有効性を考えて、数学の先取りということよりも、小学生のうちにやっておきたいことを積極的に扱うべきだという考えに至っておりました。

そんな中で、このダイヤモンドオンラインのコラムを見まして、やはり、算数をしっかりやろう!という気持ちが強くなりました。

 

現在、「小4対話式算数」を第3話まで2016年版を発行していますが、それに合わせるように、「もっとも深く学べる算数」も第3話まで発行しています。

いまのところ、角度①、角度②、正方形と長方形というように図形ばかりですが、まもなく分数や小数に入ります。

しばらくしたら、和差算、つるかめ算、平均算になりますが、そこでは線分図や面積図も学習します。

数学の先取りなら面積図はやらないでもいいかと思っていましたが、

算数らしい考え方の代表的な解法なので、外せないと考え方を改めました。

 

中学受験の難関校の算数はかなり手強く、ひとつの完成形の学問だと思いますので、

非中学受験の学習ならその領域までは行く必要はないと思います。

しかし、無理のないレベルで、中学受験の勉強をしてきた人と並べるくらいの算数力をつけられます。

上記の定量化の考えも豊富に使います。

ダイヤモンドオンラインに書かれているくらいですから、将来、役に立つでしょう(笑)

 

真面目に書くとしても、ある問題を見たときに、

これは算数らしく解いたらこうやって解けて、数学らしく解いたらこうやって解ける

というように両刀遣いできた方が、頭も鍛えられますし、視野も広くなるはずです。

 

中学受験の勉強をしないで、公立中→高校受験と考えられていましたら、

早めに数学に入った方が効率よく学習できると考えるか、

中学受験している子達と同じような勉強をさせたいと考えるかは、保護者様次第です。

どちらが正しいかは分かりませんが、私が保護者の立場なら後者です。

 

スポーツ界なら、羽生君や石川佳純選手や伊藤美誠選手や高梨沙羅選手のように、

世界レベルで活躍する選手は、かなり低い年令のときから始めていますが、

運動と、数学などの頭を使う学問は違うと思っています。

まあ、そのくらい突出した能力があれば、先取り学習も大いに有効だとは思います。

 

4月3日のブログでイラストのことを書きましたが、ようやく基本ポーズが決まりました。

「こげ茶くま君」と「黄ぐまちゃん」は決定です。それぞれ5体の基本ポーズが決まりました。

女性先生もほぼ決まりです。

イラストをいくつか貼りつけましたら、サンプルを公開します。

教材のレベル(クオリティ)、会話(奥深さ・分かりやすさ・教養)、イラストの可愛さの三冠王です。

ご閲覧くだされば、良さが分かると思います。

 

その前にと言ったらなんですが、イラストを描いてくださった方のWEBサイトを紹介いたします。

http://illustrate.biz/

 

このような温かい優しいテイストです。

脳科学ではリラックスしているとき、記憶力が強いらしいです。

それを踏まえ、授業でもできるだけリラックスさせてあげたいと考えて取り組んだときもありますが、

そうすると、寝てしまう生徒さんが出るので、集団授業では難しいです。

自学自習用の教材ならばリラックスできることもポイントのひとつだと思います。

 

やや余談になりますが、通販のマグカップもとても良いです。

何かと日常でストレスがたまることもあると思いますが、これで甘いカフェオレでも飲みましたら、疲れが吹き飛ぶことでしょう(笑)

よくよく見ましたら、価格の中に熊本地震の寄付金300円も含まれているそうです。

私も見習わなくてはいけませんね。

 

イラストがあまりにも良いので、多くなりすぎると、そちらに気が行ってしまい集中力低下になりそうですので、数は考慮します。

解説や会話もイラストに負けないものとなりますので、ご期待ください。

 

今月末にはサンプルを公開できると思いますので、ぜひご覧ください。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ