小3向け文章題の教材販売中

2015年度から大幅にシステムを変えた小学3年生用教材

2014年度までは全40回で、

  • 10の倍数の回は文章題(全4回)、
  • 10の倍数でない3の倍数の回は思考力(全12回)、
  • その他は単元別(全24回)

としてきましたが、2015年度はそれぞれ分けました。

文章題4回ではあまりにも淋しいと思い、新たに4回分追加し、全8回としました。

ひさしぶりに小3用問題をつくり、解説を書いたのですが、自分で言うのもなんですが、なかなか良いです。

易しい問題も必ずひねりが入っています。

小学校の算数のように、問題文の数字を適当に、たしたり、ひいたり、かけたりすれば答えが求められるわけではありません。

線分図は6%程度です。

つるかめ算が1問です。

つまり、小学4年生以降に塾で教わるような問題はほとんど入れていません。

3割くらいは推理系です。

表を書く習慣をつけてもらいたいとの狙いです。

7割を占める残りの問題は、小学3年生でもがんばればできる問題で、

言いかえると、小学3年生のときにしかやることがない問題です。

過度の先取り学習がお好みではない方には最適な教材です。

あっさり読んであっさり解いて間違えやすいお子様に、意識を変えてもらえる問題です。

解説は小学3年生でも読みこなせるように、あっさり風にしました。

お値段は1000円です。

毎回8問で、全8回ですので、合計64問です。

市販教材にくらべてお安くはありませんが、

小学3年生用の文章題で、捻りの入った問題中心の教材は他にはないと思います。

算数教材塾・探求の小学3年生用の教材は、

  • 単元別…書き出し中心
  • 思考力…思考系の応用問題
  • 文章題…小学校の算数とはひと味違う文章題

という構成ですので、文章題は他の2つにくらべて、多くの方にお勧めしたいです。

小学3年生用文章題の教材「小3グランプリ算数文章題

ぜひよろしくお願いいたします。

お役に立ちましたら、是非クリックをお願いいたします

アーカイブ